事故車でも一括査定OK!おすすめ事故車買取サービス

サービス名 特徴

カーネクスト

参加業者数:カーネクスト1社のみ(廃車・事故車買取専門)

カーネクストは事故車・故障車・不動車・水没車・廃車などの買い取りに特化したサイトです。どんな車も買い取れる0円以上買取り保証、面倒な手続き書類の代行が全て無料、動かない車も全国対応でレッカー引き取り完全無料です。

ズバット

参加業者数:200社以上
最大見積もり数:10社

大手を含む 200社以上の車買取業者から、厳選10社に一括で査定依頼ができるので手軽なオークション感覚で一番高い買取業者が選べます。出てきた査定価格を徹底比較して、愛車の最高価格が分かります。

カーセンサー

参加業者数:530社以上
最大見積もり数:30社

カーセンサーは、査定業者の参加数が業界最大級。見積もりが最大30件も取れます。地域に根ざした有名中小企業も多数参加しているので、地方の方もたくさんの査定の中から比較して選ぶことができます

一括査定のカラクリ・・・事故車を一括査定に出す前に一読してみてください。

カーネクストが人気の理由

査定・手続き代行手数料・レッカー費用・解体費用など、廃車・車の処分の費用は全て無料。事故車だけでなく、水没車、不動車、故障車などの廃車も0円以上買取り保証。お金を出して廃車にする必要はありません。海外輸出の独自の販路があるため、どんな車でも必ず0円以上で買取可能。10万km、10年落ちの車でも高価買取ってもらえます。

ズバットが人気の理由

車を売るときは、「下取り」と「買取り」の2通りがあります。この2つの違いは、お金の行先です。下取りは車買換えの際の値引きの担保としての扱いのため、お金は発生しません。一方、買取は買主から売主に対する現金が発生します。業界の一般常識として、下取りに出すよりも買取業者に買取ってもらった方が高く売れます。

ズバットは中古車販売サービスも行っており、買取った車を独自に流通させることに成功しています。中古車販売で得られたデータやノウハウを買取りに応用することによって、売手良し、買手良しの好循環を生み出しているのがズバットの大きな特徴です。

カーセンサーが人気の理由

人気の一番の理由は「加盟店の多さ」です。車の所有率は大都市より地方都市の方が高くなりますが、カーセンサーは加盟店の多さを活かして全国をカバーしています。一括査定では、参加業者が多いほど競争心理が働き、高い査定額を出してくる可能性が高いです。これも加盟店が多いほど車のオーナーにとって有利ですね。加盟店が多いカーセンサーなら、大都市圏でも地方でも高額査定が期待できるということです。

しかし、「加盟店が増えれば増えるほど管理が大変になるのでは?」という心配が出てきますが、カーセンサーでは中古車販売の情報も取り扱っていて、常に購入者の立場になり安心して中古車を買える環境づくりに取り組んでいます。

たとえば、中古車情報サイトでは初めて「走行距離」や「周履歴の有無」「車体番号」を全車に表示させました。「車体番号」の表示を義務付けると、いわゆる「おとり広告」が出しづらくなり悪徳業者の排除につながります。つまり、実際には存在しない「おとり商品」でお客様をつれなくしたのです。

そういうノウハウ導入のもと顧客との信頼関係を維持し、優良な加盟店を選別し続け、満を持して始めたサービスが「中古車買取一括査定サービス」です。

なぜ、事故車の買取で一括査定が有効なのか?

一括査定に申し込むと、たくさんの会社とやり取りすることになります。「面倒くさい」と感じる人もいるでしょう。だから一括査定は「売却額なんか気にしないので、とにかくカンタンに済ませたい」という人には向かないサービスです。しかし、もしあなたが愛車を少しでも高く早く売りたいのであれば、「中古車買取一括査定」ほど便利なサービスはありません。

車買取業者が持っている情報の方が多いので、車買取業者とユーザーは対等ではありません。たとえば、事故車や不動者、水没車、廃車の所有者が車を売ろうと思っても、買取業者が付けられた査定額が妥当なのかどうか根拠がわかりません。

本音を言えば買取業者は千円でも安く仕入れて高く売り利益を稼ぎたいはずです。ですから、悪質な業者は一般ユーザーの無知に付け込み、なんとか適正価格以下で中古車を買おうとします。

実際に複数社の査定を経験した人の体験談では、何社か査定してもらうとドンドン買取額が上がっていく様子が書かれていたりします。査定の申し込みがあったらとにかく1番に駆けつけて「車の現況なら10万しか値段つかないですけど、今すぐ決めてくれるならもう5万出します!」なんて平気で言います。

そして、後から来た査定業者にそのことを話すと「うちは25万出します!ちょうどこの車種探してるお客さんがいるんですよ」みたいな話になります。何を信じていいのか…。

中古車市場では、まず売り物の車を仕入れないことには商売ができません。ですから、どこの業者も売れる中古車を喉から手が出るほど欲しがっています。情報合戦では業者に勝てませんが、複数社を比較することで業者と業者に競争してもらうことができます。そうすれば、業者と業者の情報合戦です。

事故車や廃車同然の車でも高く買取ってもらうコツ

事故車の買取額は、無事故の中古車に比べて必ず安くなります。査定では車の年式ごとにデフォルトの査定額が決まっていて、そこから減点方式で査定額が決まります。なので事故車は減点額が大きくなり、買取額が安くなってしまいます。

修理していれば、査定士が見ればすぐに分かります。修理では板金した後に塗装しますが、この塗装が職人の腕の見せ所です。いかに原色と同じ色を出すか。しかし塗装は本当に難しく、塗装の目や色の僅かな違いは出てしまいます。査定士はそれを見抜きます。

どうせ事故車を売るなら、お金をかけて綺麗にしてから売るよりも、修理せずに「事故車だけど、高く買取って!」と正直に査定に出す方がお互い気持ちいいと思います。減点は査定士のサジ加減なので、正直点が加算されることも期待できます。

そのときにひとつだけ注意点があります。それは、1社ではなく複数者に査定依頼すること。査定依頼する会社が多ければ多いほど高額買取のチャンスが広がります。

事故車でも高く売れる時代

ネットがない時代に車を売るときは、地域の中古車センターに持ち込んで恐る恐る査定を受け、事故車なら二束三文で買い叩かれていましたが、オンラインで一括査定ができるお陰で事故車でも高く売れる時代になりました。今ではメルカリでゴミ同然のモノでも高く売れる時代です。まして事故車が高く売れるようになったのは自然な流れでしょう。

思えば本を売るとき。古本を処分できてお金になるという一石二鳥を享受するハニカミがありました。買取る側は安く仕入れることができて有難いのに、売り手がどこかオロオロしている。価値があるものを「供給」しているという自覚がないんですね。

しかし何を売る場合でも、売り手はオロオロしたり、はにかむ必要はまったくありません。売り手が限りなく有利な立場に立てるのが一括見積です。そしてこの一括見積はネットとの相性が抜群です。それがこのサイトで一括見積業者を紹介している理由でもあります。

私自身、過去に自損事故を起こしました。別にやりたくもないのにホンダベルノの営業に就き、仕事に必要だからと新車のLogoをフルローンで購入。しかもMT車です。座席に座らずエンジンをかけると、ギアが1速に入っていてサイドブレーキが掛かっていなかったためにガードレールに突っ込み、バンパーとボンネットが凹みました。

お金がないのにローンで車を買い、営業でその車に乗って自損事故。その後すぐに仕事を辞めて車を売ったのですが、100万円で買ったものが25万円でした。乗ったのはたった半年です。私はそのお金を遊びに使ってしまったため、100万円近いローンだけが残りました。

セコいことに私はLogoを中古車センターで査定してもらったとき、「事故車です」と申告しませんでした。しかし査定士は一発で見破りました。どんなに綺麗に板金加工していても、ネジを回した跡や、光加減による塗装のムラの違いなどで判ってしまいます。これは誤魔化せません。

高く売れても遊びに使ってしまってはいけませんが、当時ネットの事故車の一括査定があればもっと高く売れたんじゃないかという悔しさ。そして現在、事故車でも堂々と高く買取ってもらう交渉がオンライン一括査定でできるようになりました。

どんな事故車でも高く売れるということを、このサイトで実感していただけたら幸いです。

事故車の買取は全国対応です

北海道 北海道
東北 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島
甲信越 山梨 | 長野 | 新潟
関東 茨城 | 栃木 | 群馬 | 埼玉 | 千葉 | 東京 | 神奈川
北陸 富山 | 石川 | 福井
東海 岐阜 | 静岡 | 愛知 | 三重
関西 滋賀 | 京都 | 大阪 | 兵庫 | 奈良 | 和歌山
中国 鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口
四国 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知
九州 福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島
沖縄 沖縄