これは違反になる?意外と知らない道路交通法

免許取得の際、私たちは教習所で道路交通法について学びましたが、細かいことは全部忘れていますし、忘れていても日常の運転には何の支障もありません。しかしOKだと思っていても実は道路交通法違反ということがあるので、ここで確認しておきます。

スポンサードリンク

ペットを膝に乗せて運転する

道路交通法55条2項では「車両の運転者は、運転者の視野若しくはハンドルその他の装置の操作を妨げ、後写鏡の効用を失わせ、車両の安定を害し、又は外部から当該車両の方向指示器、車両の番号標、制動灯、尾灯若しくは後部反射器を確認することができないこととなるような乗車をさせ、又は積載をして車両を運転してはならない」と定めています。下記のような方法でペットを乗車させて運転すると、乗車積載方法違反になります。

・ペットを運転者の膝に乗せる
・運転者が抱っこ紐(スリング)を使ってペットを抱く
・ペットの手足がハンドルやハンドブレーキに当たる場所に座らせる
・後部座席に座らせているが、首輪や紐をしていない
・窓を全開にしているためペットが窓から飛び出す危険がある

プードルを膝の上に乗せて軽自動車を運転していた53才の男性が、乗車積載方法違反で現行犯逮捕された実例(2012年3月3日)もあります。

運転するときの履物(サンダル、スリッパ、草履、下駄)

道路交通法にはサンダルを禁止する条文がない

道路交通法70条には、「車両等の運転者は、当該車両等のハンドル、ブレーキその他の装置を確実に操作し、かつ、道路、交通及び当該車両等の状況に応じ、他人に危害を及ぼさないような速度と方法で運転しなければならない」という定めがあります。

つまり「運転の操作に危険が及ぶような方法で運転をしてはいけない」ということです。しかし「サンダルを履いて運転してはいけない」とは書かれていません。実は道路交通法にはサンダルやスリッパなど、履物を禁止する規定がありません。それでは、サンダルを履いて運転してもよいのでしょうか?答えは「ノー」です。

道路交通法に定めがないとはいえ、サンダルやスリッパなどの脱げやすい履物で運転をするのは非常に危険な行為です。そこで各都道府県では、細則によってサンダルやスリッパでの運転を禁止しています。

全国共通のルール

①かかとが固定されていない履き物
かかとが露出するサンダルであっても、ベルトやバックルによってかかとを固定できるものであれば、比較的安全性は高いといえます。一方、かかとが固定できないサンダル、スリッパ、下駄などは、ほとんどの都道府県の細則で禁止されています。

なお、ベルトやバックルが付いている履物であっても、固定していない状態で運転していれば、違反となる可能性があります。

②足底が密着していない履物
足底が滑りやすい素材の履物や、足底が不安定になるヒールも、ほとんどの都道府県の細則で禁止されています。

③つま先が安定していない履き物
鼻緒が切れてしまったビーチサンダルをイメージすると分かりやすいのですが、つま先がペラペラしている履物は大変危険です。

鼻緒が取り外しできるサンダルや、そもそも鼻緒が付いていないサンダルは、つま先が不安定となるおそれがあります。このようなサンダルは、アクセルからブレーキに切り替える際につま先がひっかかってしまう危険性があります。

都道府県が定めている細則(履物)

北海道
げた、スリッパ等運転操作に支障を及ぼすおそれのある履物をはいて、自動車又は原動機付自転車を運転しないこと。

青森県
運転の妨げとなるような服装をし、又はげた類若しくは木製サンダルをはいて自動車又は原動機付自転車を運転しないこと。

岩手県
運転の妨げとなるような服装をし、又は下駄その他運転の妨げとなるような履物を履いて自動車又は原動機付自転車を運転しないこと。

宮城県
運転操作の妨げとなるような服装をし、又は木製サンダル、下駄その他運転操作の
妨げとなるような履物を履いて、自動車又は原動機付自転車を運転しないこと。

秋田県
運転操作の妨げとなるような服装をし、又はげた類、木製サンダルその他運転操作の妨げとなるような履物を履いて、自動車又は原動機付自転車を運転しないこと。

山形県
ページ見つからず

福島県
運転操作の妨げとなるような服装をし、又は下駄、木製サンダルその他運転に支障を及ぼすおそれのある履物を履いて、自動車又は原動機付自転車を運転しないこと。

山梨県
げた、足に固定しないサンダル、スリッパ等運転操作を妨げるおそれのある履物を履いて自動車又は原動機付自転車を運転しないこと。

長野県
げた、木製サンダルその他安全運転に支障となる履物をはいて自動車又は原動機付自転車を
運転しないこと。

新潟県
げた、木製のサンダルその他運転に支障を及ぼすおそれのある履物を履いて自動車又は原動機付自転車を運転しないこと。

茨城県
運転操作に支障を及ぼすおそれのある衣服又はげた,サンダル,スリッパその他の履物を着用して自動車又は原動機付自転車を運転しないこと。

栃木県
自動車又は原動機付自転車を運転するときは、木製サンダル、下駄等を用い、又は運転操作に支障を及ぼすおそれのある姿勢をし、若しくは服装をしないこと。

群馬県
「運転操作の妨げとなるような服装」とは、例えば和服姿で二輪車を運転する
場合等であり、また、履物については、運転を誤るおそれのあるげたや、足に固定
しないサンダル、スリツパ等を用いないように規定した。ただし、ハイヒールにつ
いては基準となるものがなく、取締りになじまないので例示から外したが、著しく
運転を誤るおそれのある履物として、運転に用いないよう指導することとした。

埼玉県
ページ見つからず

千葉県
「その他運転を誤るおそれのあるはき物」とは、ブレーキ、クラツチの操作に際して、はき物自体の形状等から操作に支障となるおそれのあるはき物、及び足から離脱して操作に誤りを招くおそれのあるはき物をいう。「はき物自体の形状等から操作に支障となるおそれのあるはき物」とは、ハイヒール、木製サンダル等、かかとが極端に高く安定性のないもの、はき物の底面が極端に狭くあるいは木製等スベリやすいもの等がこれに当たる。「足から離脱して操作に誤りを招くおそれのあるはき物」とは、鼻緒、かかとかけ又はバンドが切損するおそれがあるはき物等がこれに当たるほか、鼻緒のはき物をくつ下をはいて使用する場合、濡れた足でビニール製サンダルをはいた場合、かかとかけ、バンド等を使用すべきはき物でこれを使用しない場合等、足から離脱し操作に誤りを招くおそれがある状態のはき物もこれに含まれる。

東京都
木製サンダル、げた等運転操作に支障を及ぼすおそれのあるはき物をはいて車両等(軽車両を除く。)を運転しないこと。

神奈川県
ページ見つからず

富山県
げた、その他運転操作に支障を及ぼすおそれのあるはきものをはいて、自動車又は原動機付自転車を運転しないこと。

石川県
げた、スリツパ、つつかけその他運転に支障のあるものをはいて、自動車又は原動機付自転車を運転しないこと。

福井県
下駄、スリツパその他運転操作に支障を及ぼすおそれのある履物または衣服を着用して車両(足踏自転車を除く。)を運転しないこと。

岐阜県
下駄、サンダルその他運転に支障を及ぼすおそれのある履物を履いて、自動車又は
原動機付自転車を運転しないこと。

静岡県
ページ見つからず

愛知県
ページ見つからず

三重県
ページ見つからず

滋賀県
下駄、ハイヒール、スパイクシユーズ等運転操作の妨げとなるような履物または衣服を着用して自動車および原動機付自転車(以下「自動車等」という。)を運転しないこと。

京都市
げたその他運転操作に支障のあるものをはいて、自動車又は原動機付自転車を運転しないこと。

大阪府
げた又は運転を誤るおそれのあるスリッパ等を履いて、車両(軽車両を除く。)を運転しないこと。

兵庫県
げた、その他安全な運転に支障のあるものを履いて、自動車又は原動機付自転車を運転しないこと。

奈良県
スリッパ、下駄その他運転に支障を及ぼすおそれのある履物を履いて、自動車又は原動機付自転車を運転しないこと。

和歌山県
げた、スリッパその他運転操作に支障のある履物を履いて、自動車又は原動機付自転車を運転しないこと。

鳥取県
下駄、ハイヒール等運転操作に支障を及ぼすおそれのある履物を履いて自動車又は原動機付自転車を運転しないこと。

島根県
ページ見つからず

岡山県
ページ見つからず

広島県
ページ見つからず

山口県
げた、木製サンダルその他の運転操作に支障を及ぼすおそれのある履物を履いて自動車又は原動機付自転車を運転しないこと。

徳島県
ページ見つからず

香川県
げた、サンダルその他運転操作に支障を及ぼすおそれのある履物を履いて自動車又は原動機付自転車を運転しないこと。

愛媛県
下駄、木製サンダルその他運転操作に支障を及ぼすおそれのあるはきものをはいて、自動車又は原動機付自転車を運転しないこと。

高知県
げた、木製サンダルその他運転操作に支障を及ぼすおそれのある履物を履いて自動車又は原動機付自転車を運転しないこと。

福岡県
ページ見つからず

佐賀県
げた、スリッパその他運転操作を妨げるおそれのあるはきものをはいて、車両(軽車両を除く。)を運転しないこと。

長崎県
ページ見つからず

熊本県
木製サンダル、ゲタ等運転操作に支障を及ぼすおそれのあるはきものをはいて、車両等(軽車両を除く。)を運転しないこと。

大分県
ページ見つからず

宮崎県
げた、スリッパ、つっかけ、ハイヒールその他運転操作を妨げるおそれのある履物を履き、又は運転操作を妨げるような方法で履物を履いて、車両(軽車両を除く。)を運転しないこと。

鹿児島県
ページ見つからず

沖縄県
項目見つからず

車内での音楽

普通にラジオや音楽を聞くことは問題ありませんが、ほとんどの都道府県で「安全な運転に必要な交通に関する音又は声が聞こえないような状態で車両等を運転しないこと」と定められている(都道府県ごとに文言は異なる)ため、イヤホンやヘッドフォン、常識を超えた音量は違反になります。道路交通法70条に「安全運転義務」が定められていますが、具体的に車内での音楽に関する項目はなく、これも各都道府県の細則で具体的に規制されています。

都道府県が定めている細則(音量、イヤホン、ヘッドホン)

北海道
高音でカーラジオ等を聴き、又はイヤホン若しくはヘッドホンを使用して音楽を聴くなど安全な運転に必要な交通に関する音又は声が聞こえないような状態で、車両を運転しないこと。 ただし、難聴者が補聴器を使用する場合又は公共目的を遂行する者が当該目的のための指令を受信する場合にイヤホン又はヘッドホンを使用するときは、この限りでない。

青森県
道路において、ヘッドホン等を使用し大きな音量で音楽等を聞き、安全な運転に必要な交通に関する音又は声が聞こえないような状態で自転車を運転しないこと。

岩手県
ヘッドホン等を使用して安全な運転に必要な音若しくは声が聞こえないような状態。ヘッドホン等とは、イヤホーンを含み、両耳を塞いだ状態をいう。ただし、片耳だけのものは、周囲の音が全く聞こえないこととはならないことから該当しない。

宮城県
高音量でカーラジオ、カーステレオ等を聞き、ヘッドホン又はイヤホンを使用して音楽を聞くなど、安全な運転に必要な交通に関する音又は声が聞こえないような状態で車両を運転しないこと。ただし、公共目的を遂行する者が当該目的のための指令を受信する場合にヘッドホン又はイヤホンを使用するときは、この限りでない。

秋田県
道路において、携帯電話用装置を通話若しくは操作のため使用し、同装置の画像を注視し、傘をさし、若しくは物を持つ等安定を失うおそれのある方法又はヘッドホン若しくはイヤホンを使用して両耳をふさぐ等周囲の音が十分に聞こえないような状態で自転車を運転しないこと。

山形県
ページ見つからず

福島県
高音量でカーラジオ等を聞き、又はイヤホン、ヘッドホン等を使用して音楽を聞く等安全な運転に必要な交通に関する音又は声を聞くことができないような状態で車両等を運転しないこと。ただし、難聴者が補聴器を使用する場合又は公共目的を遂行する者が当該目的のための指命を受信する場合にイヤホン等を使用するときは、この限りでない。

山梨県
項目見つからず

長野県
高音でカーラジオ、ステレオ等を聞き、又はイヤホーン等を使用してそれらを聞くなど、安全運転に必要な外部の音声が聞こえない状態で車両を運転しないこと。

新潟県
大音量でカーステレオ等を聞き、又はイヤホン若しくはヘッドホンを使用して両耳を塞ぎ携帯音楽機器等を聞くなど、安全な運転に必要な交通に関する音又は声が聞こえないような状態で車両等を運転しないこと。ただし、難聴者が補聴器を使用する場合又は公共目的を遂行する者が当該目的のための指令を受信する場合にイヤホン等を使用するときは、この限りでない。

茨城県
イヤホン又はヘッドホン(以下この号において「イヤホン等」という。)を使用して音楽等を聴くなど安全な運転に必要な音又は声が聞こえないような状態で自動車,原動機付自転車又は自転車を運転しないこと。ただし,難聴者が補聴器を使用する場合又は公共目的を遂行する者が当該目的のための指令を受信する場合にイヤホン等を使用するときは,この限りでない。

栃木県
音量を大きくし、又はイヤホン若しくはヘッドホンを使用して音楽を聴く等安全な運転に必要な交通に関する音又は声が聞こえないような状態で車両を運転しないこと。ただし、難聴者が補聴器を使用する場合又は公共目的を遂行する者がイヤホン等を使用して当該目的のための指令を受信する場合は、この限りでない。

群馬県
「安全運転に必要な交通に関する音又は声」とは、緊急自動車のサイレン、消防用車両の鐘、警察官等の警笛や呼び声、自動車の警笛、列車の警笛、交通広報車等による交通安全の呼び掛け等安全運転に必要な情報をいい、運転に当たつては、安全運転に必要な交通に関する音又は声が聞こえないような状態での車両の運転を禁止した。ただし、難聴者が補聴器を使用する場合や公共目的のためにイヤホーン等を使用することは、対象から除外した。

埼玉県
ページ見つからず

千葉県
第7号に規定する「音量を上げとは、車両の形状等から特定の音量を定めることはできないが、少なくとも安全運転に必要な、警報機、サイレン等の音又はマイクその他による声等が聞こえない状態の音量をいう。「カーラジオ」とは、例示であり、カーステレオ及び携帯ラジオ等も含まれる。

東京都
高音でカーラジオ等を聞き、又はイヤホーン等を使用してラジオを聞く等安全な運転に必要な交通に関する音又は声が聞こえないような状態で車両等を運転しないこと。ただし、難聴者が補聴器を使用する場合又は公共目的を遂行する者が当該目的のための指令を受信する場合にイヤホーン等を使用するときは、この限りでない。

神奈川県
ページ見つからず

富山県
大きな音量でカーラジオ等を聞き、又はイヤホン、ヘッドホン等を使用して音楽等を聞き、安全な運転に必要な交通に関する音又は声が聞こえないような状態で車両を運転しないこと。ただし、難聴者が補聴器を使用する場合、又は公共目的を遂行する者が当該目的のための指令等を受信する場合にイヤホン等を使用するときは、この限りではない。

石川県
カーラジオ等を聴き、又はイヤホン、ヘッドホン等を使用して音楽等を聴き、安全な運転に必要な音又は声が聞こえないような状態で車両等を運転しないこと。

福井県
大きな音量でカーラジオ等を聞き、またはイヤホン等を使用して音楽を聞く等安全な運転に必要な交通に関する音または声が聞こえないような状態で車両等を運転しないこと。

岐阜県
音量を大きくしてカーラジオ等を聞き、又はイヤホーン等を使用してラジオを聞く等安全な運転に必要な交通に関する音又は声が聞こえないような状態で車両を運転しないこと。ただし、難聴者が補聴器を使用する場合又は公共目的を遂行する者が当該目的に関する指令を受信する場合にイヤホーン等を使用するときは、この限りでない。

静岡県
ページ見つからず

愛知県
ページ見つからず

三重県
ページ見つからず

滋賀県
カーラジオ等を高音にし、またはイヤホーン等を使用して聞く等安全な運転に必要な交通に関する音または声が聞こえないような状態で車両を運転しないこと。ただし、公共目的を遂行するための指令を受信する者が、イヤホーン等を使用するときは、この限りでない。

京都市
大きな音量でカーラジオ等を聞き、又はイヤホン、ヘッドホン等を使用しているため、安全な運転に必要な交通に関する音又は声を聞くことができないような状態で車両等を運転しないこと。ただし、難聴者が補聴器を使用する場合又は公共目的を遂行する者が当該目的のための指令等を受信する場合は、この限りでない。

大阪府
警音器、緊急自動車のサイレン、警察官の指示等安全な運転に必要な交通に関する音又は声を聞くことができないような音量で、カーオーディオ、ヘッドホンステレオ等を使用して音楽等を聴きながら車両を運転しないこと。

兵庫県
安全な運転に必要な音声を聞き取ることが不可能又は著しく困難な程度の音量で、音楽等を聴取しないこと。

奈良県
高音量でカーラジオ等を聞き、又はイヤホン、ヘッドホン等を使用して音楽を聞く等安全な運転に必要な交通に関する音又は声を聞くことができないような状態で車両等を運転しないこと。ただし、難聴者が補聴器を使用する場合又は公共目的を遂行する者が当該目的のための指令を受信する場合にイヤホン等を使用するときは、この限りでない。

和歌山県
大きな音量でのカーオーディオ、ヘッドホン等の使用により、警音器の音、緊急自動車のサイレン、警察官の指示等周囲の音が聞こえない状態で車両を運転しないこと。

鳥取県
カーラジオ、カーステレオ等の音を大きく出し、又はイヤホーン若しくはヘッドホーンを使用してこれらを聞く等安全な運転に必要な交通に関する音又は声が聞こえないような状態で車両を運転しないこと。

島根県
ページ見つからず

岡山県
ページ見つからず

広島県
ページ見つからず

山口県
安全な運転に必要な交通に関する音又は声が聞こえないような状態でカーステレオ等を聞きながら車両を運転しないこと。

徳島県
ページ見つからず

香川県
大きな音でカーオーディオ、ヘッドホン等を使用して音楽を聞く等安全な運転に必要な交通に関する音又は声が聞こえないような状態で車両等を運転しないこと。

愛媛県
高音でカーラジオ等を聞き、又はイヤホーン等を使用してラジオを聞く等安全な運転に必要な交通に関する音又は声が聞こえないような状態で車両等を運転しないこと。ただし、難聴者が補聴器を使用する場合又は公務員が公務のための指令を受信する場合にイヤホーン等を使用するときは、この限りでない。

高知県
高音でカーラジオ等を聞き、又はイヤホーン等を使用してラジオを聞く等安全な運転に必要な交通に関する音又は声が聞えないような状態で車両等を運転しないこと。ただし、難聴者が補聴器を使用する場合又は公共目的を遂行する者が当該目的に関し指令を受信するためにイヤホーン等を使用する場合は、この限りでない。

福岡県
ページ見つからず

佐賀県
安全な運転に必要な交通に関する音又は声が聞こえないような状態でラジオ等を聞きながら車両を運転しないこと。

長崎県
ページ見つからず

熊本県
高音でカーラジオ等を聞き、又はイヤホーン等を使用してカーラジオを聞く等安全運転に必要な交通に関する音又は声が聞こえないような状態で車両等を運転しないこと。ただし、難聴者が補聴器を使用する場合又は公共目的を遂行する者が当該目的のための指令を受信するためイヤホーン等を使用するときは、この限りでない。

大分県
ページ見つからず

宮崎県
音量を大きくしてラジオ等を聞き、又はイヤホーン等を使用してラジオ等を聞くなど安全な運転に必要な交通に関する音又は声が聞こえないような状態で車両を運転しないこと。ただし、難聴者が補聴器を使用する場合又は公共目的を遂行する者が当該目的のための指令を受信する場合にイヤホーン等を使用するときは、この限りでない。

鹿児島県
ページ見つからず

沖縄県
項目見つからず

スポンサードリンク

事故車でも一括査定OK!おすすめ事故車買取サービス

サービス名 特徴

カーネクスト

参加業者数:カーネクスト1社のみ(廃車・事故車買取専門)

カーネクストは事故車・故障車・不動車・水没車・廃車などの買い取りに特化したサイトです。どんな車も買い取れる0円以上買取り保証、面倒な手続き書類の代行が全て無料、動かない車も全国対応でレッカー引き取り完全無料です。

ズバット

参加業者数:200社以上
最大見積もり数:10社

大手を含む 200社以上の車買取業者から、厳選10社に一括で査定依頼ができるので手軽なオークション感覚で一番高い買取業者が選べます。出てきた査定価格を徹底比較して、愛車の最高価格が分かります。

カーセンサー

参加業者数:530社以上
最大見積もり数:30社

カーセンサーは、査定業者の参加数が業界最大級。見積もりが最大30件も取れます。地域に根ざした有名中小企業も多数参加しているので、地方の方もたくさんの査定の中から比較して選ぶことができます