スピード違反の点数、罰金一覧表

オービスやネズミ捕りに引っ掛かり、その日の気分が台無しなんてことは、誰もが1度は経験しているかと思います。「自分以外にも同じスピードで走っている車やバイクがいるのに、なぜ自分だけ?」と腹が立ちますが、運が悪いかっただけです。スピード違反と反則金、罰金について解説します。

スポンサードリンク

何キロ以上でスピード違反?

道路交通法では、以下の速度を超えるとスピード違反になります。

・一般道路の法定速度は60km/h(標識優先)
・高速道路の法定速度は100km/h

第11条
法第二十二条第一項の政令で定める最高速度(以下この条、次条及び第二十七条において「最高速度」という。)のうち、自動車及び原動機付自転車が高速自動車国道の本線車道(第二十七条の二に規定する本線車道を除く。次条第三項において同じ。)以外の道路を通行する場合の最高速度は、自動車にあつては六十キロメートル毎時、原動機付自転車にあつては三十キロメートル毎時とする。
第27条
最高速度のうち、自動車が高速自動車国道の本線車道(次条に規定する本線車道を除く。次項において同じ。)を通行する場合の最高速度は、次の各号に掲げる自動車の区分に従い、それぞれ当該各号に定めるとおりとする。
一 次に掲げる自動車 百キロメートル毎時
イ 大型自動車(三輪のもの並びに牽けん引するための構造及び装置を有し、かつ、牽けん引されるための構造及び装置を有する車両を牽けん引するものを除く。)のうち専ら人を運搬する構造のもの
ロ 中型自動車(三輪のもの並びに牽けん引するための構造及び装置を有し、かつ、牽けん引されるための構造及び装置を有する車両を牽けん引するものを除く。)のうち、専ら人を運搬する構造のもの又は車両総重量が八千キログラム未満、最大積載重量が五千キログラム未満及び乗車定員が十人以下のもの
ハ 準中型自動車(三輪のもの並びに牽けん引するための構造及び装置を有し、かつ、牽けん引されるための構造及び装置を有する車両を牽けん引するものを除く。)
ニ 普通自動車(三輪のもの並びに牽けん引するための構造及び装置を有し、かつ、牽けん引されるための構造及び装置を有する車両を牽けん引するものを除く。)
ホ 大型自動二輪車
ヘ 普通自動二輪車
二 前号イからヘまでに掲げる自動車以外の自動車 八十キロメートル毎時

しかし、+10km/hほどの速度オーバーであればオービスは反応しません。オービスの感知速度は正式には公表されていませんが、感覚値は以下の通りです。

・一般道路では+30km/h(90km/hでの走行)
・高速道路では+40km/h(140km/hでの走行)

気を付けなければいけないのは一般道路です。広くて信号の少ない道路ではスピードを出してしまいがちですが、そんな道路は格好のネズミ捕りポイントです。オービスは感知しない速度でもネズミ捕りでは引っかかってしまうので、スピードを出して「気持ちいい」と思えるような見晴らしの良い道路は要注意です。

反則金と罰金の違い

・反則金・・・支払うことで刑事手続きが免除されるもの。いわゆる「青切符」です。厳密にいえば道路交通法違反なので刑事責任を問われるべきなのですが、裁判所の負担を減らすために刑事手続きを免除しています。

・罰金・・・飲酒運転や無免許運転など、軽微な違反としては扱えない重い違反に対して科される刑事処分です。この場合、反則金を払っても刑は免除されません。

私たちは青切符でも「罰金」と呼んでいますが、使い方を間違っているんですね。

一般道路での反則金・罰金

超過スピード 点数 反則金 罰金
15km/h未満 1 9,000円
15km/h以上20km/h未満 1 12,000円
20km/h以上25km/h未満 2 15,000円
25km/h以上30km/h未満 3 18,000円
30km/h以上50km/h未満 6 簡易裁判で決定
50km/h以上 12 簡易裁判で決定

高速道路での反則金・罰金

超過スピード 点数 反則金 罰金
15km/h未満 1 9,000円
15km/h以上20km/h未満 1 12,000円
20km/h以上25km/h未満 2 15,000円
25km/h以上30km/h未満 3 18,000円
30km/h以上35km/h未満 3 25,000円
35km/h以上40km/h未満 3 35,000円
40km/h以上50km/h未満 6 簡易裁判で決定
50km/h以上 12 簡易裁判で決定

点数と免停期間

※前歴=過去3年間に交通違反で免許停止処分や取消処分を受けた回数

◆前歴1回
点数 免停期間
4~5点 60日間
6~7点 90日間
8~9点 120日間
10点以上 免許取消
◆前歴2回
点数 免停期間
2点 90日間
3点 120日間
4点 150日間
5点以上 免許取消
◆前歴3回
点数 免停期間
2点 120日間
3点 150日間
4点以上 免許取消
◆前歴4回
点数 免停期間
2点 150日間
3点 180日間
4点以上 免許取消

停止処分者講習

必要なもの

・行政処分の際交付される運転免許停止処分書
・出頭通知書(運転免許課から郵送したもの)
・運転免許証
・印鑑(認印)
・筆記具(黒のボールペン)
・費用(11,700円)

費用

短期:停止30日・・・11,700円
中期:停止60日・・・19,500円
長期:停止90~180日・・・23,400円

短縮できる日数

(処分日数 30日の場合)
【優】29日短縮
【良】25日短縮
【可】20日短縮
【不可】短縮無し

(処分日数 90日の場合)
【優】45日短縮
【良】40日短縮
【可】35日短縮
【不可】短縮無し

(処分日数 120日の場合)
【優】60日短縮
【良】50日短縮
【可】40日短縮
【不可】短縮無し

(処分日数150日の場合)
【優】70日短縮
【良】60日短縮
【可】50日短縮
【不可】短縮無し

(処分日数 180日の場合)
【優】80日短縮
【良】70日短縮
【可】60日短縮
【不可】短縮無し

*考査は40問(○×式)で、「優」は85%以上、「良」は70%以上、「可」は50%以上の正答率です。
*考査の成績が「優」で処分日数が29日短縮され1日の場合でも、受講当日は停止期間となるので運転はできません。

スポンサードリンク

事故車でも一括査定OK!おすすめ事故車買取サービス

サービス名 特徴

カーネクスト

参加業者数:カーネクスト1社のみ(廃車・事故車買取専門)

カーネクストは事故車・故障車・不動車・水没車・廃車などの買い取りに特化したサイトです。どんな車も買い取れる0円以上買取り保証、面倒な手続き書類の代行が全て無料、動かない車も全国対応でレッカー引き取り完全無料です。

ズバット

参加業者数:200社以上
最大見積もり数:10社

大手を含む 200社以上の車買取業者から、厳選10社に一括で査定依頼ができるので手軽なオークション感覚で一番高い買取業者が選べます。出てきた査定価格を徹底比較して、愛車の最高価格が分かります。

カーセンサー

参加業者数:530社以上
最大見積もり数:30社

カーセンサーは、査定業者の参加数が業界最大級。見積もりが最大30件も取れます。地域に根ざした有名中小企業も多数参加しているので、地方の方もたくさんの査定の中から比較して選ぶことができます