事故を起こした!現場で取るべき手順は?

交通事故は誰も起こしたくないし、巻き込まれたくはないでしょう。しかしいくら注意しても交通事故がなくなることはありません。もし交通事故を起こした、巻き込まれた場合、何を優先し行動すればいいか、まとめました。

スポンサードリンク

負傷者救護が最優先

事故により自分が負傷し動けない状況を除き、自分の安全が確保されれば、相手のケガの状況を確認することが大切です。心肺停止状態にある最悪の場合は心臓マッサージを行い、近くに人がいる場合には救急車の手配をお願いし、誰もいない場合には速やかに119番します。

心臓マッサージは救急隊が到着するまで続けます。お互いに命に係わる状況でなくても負傷した場合には119番します。ただし、明らかに軽傷の場合は呼ぶ必要はありません。早急に二次災害防止に努めます。

二次災害の防止

119番が済んだら、その場にある自分の車または相手の車が動く状態なら路肩など安全な位置に移動し、動かない状態なら発煙筒や三角停止板を後方に置いて、追突などの二次災害を防止します。

高速道路においては全員が必ずガードレールの外に避難し待機が鉄則。事故車両の前方ではなく後方に避難します。万一追突され車が跳ね飛ばされても飛ばされるのは前方だからです。

高速道路では事故後、不用意に外に飛び出して後続車に撥ねられ死亡するケースや、車内に留まり追突されて死亡するケースが少なくありません。

一般道においては、お互いのケガの状況が軽い場合には、後続車の誘導を行うことで、追突事故や、さらなる事故を未然に防ぐことができます。誘導が危険な場合もあるので、その場の状況に合わせて自分の身を守ることを最優先にします。

警察への連絡

事故の大きさに関わらず、すぐに110番します。物を壊した場合は物損事故扱い、ケガ人がいる場合には人身事故扱いの届け出が必要になります。

現在地や、お互いのケガの状況、救急車の手配が済んでいることなど伝える必要があります。高速道路や一般国道なら近くにキロポストがあるので、そのキロ数を伝えると現在地が分かります。また、近くの電柱にも地名が書いてある場合があります。

「軽微な事故だから」とその場で相手と勝手に話合いで解決してしまうと、後で「あれ?首が痛い」となった場合には相手の所在が明らかな場合でも保険金が支払われません。保険金の支払いには必ず、警察からの事故証明が必要です。

警察の到着を待たず、お互いの連絡先を交換して別れるのは危険です。相手が不利な立場の場合には虚偽の記載をする可能性があるからです。その場合、お互いの車検証を交換して写真を撮ります。また、ナンバーも撮っておきます。免許証は大切な個人情報なので相手に見せたり写真を撮らせたりすることは危険です。

電話番号は、教えられた番号に一度発信するか、伝えた番号に発信してもらうことで確認できます。

自動車保険会社への連絡

自分の加入している自動車保険会社へも連絡します。自動車保険の保険証書が無くても、携帯用のドライバーズカードのように事故受付ダイヤル等が記載されたカードが各保険会社にあります。

ダイレクト系保険会社では必ず、保険証書を印刷して車検証ケースなどに入れておくことが大切です。保険証書やドライバーズカード等がなくても、加入の保険会社が分かれば検索して連絡します。個人のデータと車検証のデータを照合すれば加入状況が分かります。

ドライブレコーダーがあれば一目瞭然

ドライブレコーダーは近年、バスやタクシーなどの事業用の自動車のみでなく、一般車にも普及が進んでいます。5,000円以下から販売され、シガー電源から電源を引き、吸盤でフロンドガラスに取り付けられる手軽さがあります。価格は性能に比例します。
 
また、保険会社で事故の過失割合を算出する際にもドライブレコーダーの映像は役立ちます。保険会社の手間が省けることにより保険会社のメリットも大きくなります。

スポンサードリンク

事故車でも一括査定OK!おすすめ事故車買取サービス

サービス名 特徴

タウ

参加業者数:タウ1社のみ(事故車買取専門)

ボコボコの事故車だけを専門に買取る業者です。毎日約130台、年間5万台以上の買取実績があります。事故車売却シミュレーターで大体の売却額が分かります。ローンが残っていても、タウのローン組替サービスで補えます。酷い事故車ほど買取歓迎、全国出張査定。

ズバット

参加業者数:200社以上
最大見積もり数:10社

大手を含む 200社以上の車買取業者から、厳選10社に一括で査定依頼ができるので手軽なオークション感覚で一番高い買取業者が選べます。出てきた査定価格を徹底比較して、愛車の最高価格が分かります。

カーセンサー

参加業者数:530社以上
最大見積もり数:30社

カーセンサーは、査定業者の参加数が業界最大級。見積もりが最大30件も取れます。地域に根ざした有名中小企業も多数参加しているので、地方の方もたくさんの査定の中から比較して選ぶことができます