事故車が売れる理由(一括査定のカラクリ)

事故車になると価値が下がって安く取引されますが、需要がなくなることはなく、むしろ伸びています。例えばメルカリでペットボトルの蓋や空缶などゴミ同然のものが売れていて「誰が買うの??」と不思議に思いますが、どんな不用品でも誰かにとっては価値のある物として値が付きます。事故車はパーツに分解すればリサイクルできる部分が沢山あり、メルカリで売れるかもしれません(笑)

業者間のオークションに出す

全国に100ヶ所以上あるオークション会場(中古車オークション(AA)会場一覧)で、毎日中古車が売買されています。全国の中古車業者は必ずこのオークションに参加しており、業者はこの相場よりも安い値段で一般ユーザーから仕入れ、売るときはこの相場よりも高く売るわけです。オークションは利益が必ず出せる出来レースのようなもので、一般ユーザーはこの相場より安く買うことも、高く売ることもできません。

ここで仕入れた車は一般ユーザーにも売られるし、輸出もされます。どちらに振り分けるかは、「どちらに出せばより高く売れるか」で判断されます。事故車といっても海外では関係なく売れるため、業者としてはより安く仕入れられる事故車が欲しいわけです。「こんな事故車、誰が買うの?」という疑問はこれで解消されますね。また、これが業者が儲けを出すカラクリであり、業界全体が均衡に潤う暗黙のルールになっています。

このサイトでは「事故車でも一括査定に出せば高く売れる」と紹介していますが、実は高く売れるにしても業者オークション相場の範囲内を超えることはありません。また、一括査定のもう1つのカラクリが存在するため、一般ユーザーは気付かないうちに損をすることになっています。

一括査定フォームにこちらの情報を入力して送信すると、一括査定のポータルサイト運営会社は2,000円~3,000円でその情報を複数の業者に売ります。業者はすぐにユーザーに連絡して買取のアプローチをかけます。ここで買取れないと2,000円~3,000円の情報料が無駄になってしまいます。複数業者が競って連絡するため同じ業者が毎回買取ることは不可能ですが、買取成功の確率を出すことはできます。例えば「10回に1回買取れる」というデータが出れば、1台の買取情報料は2万円~3万円となります。

業者から提示される買取額は、この2万円~3万円の買取情報料と利益などを差し引いたものです。例えば業者オークション相場が50万円の場合、利益10万円、買取情報料3万円、雑費2万円として35万円の提示額となります。

一括査定を利用せずに買取業者を1軒ずつ回って査定額を提示してもらった場合、買取情報料3万円が浮くことになり、買取価格は38万円となります。

つまり一般ユーザーが気付かないうちに損をするというのは、業者が買取りできる確率を元に計算した買取情報料をユーザーが負担しているということです。それでも1軒ずつ回って交渉するのが面倒な場合は、一括査定を利用してもいいと思います。

修理して中古車として売る

事故の程度によりますが、修理するより乗り換えた方がいいという場合があります。現在の自動車は、昔のように「悪いところだけ直して乗る」というより、悪いところを含めたパッケージをごっそり交換(アッセンブリー交換、Assy交換)することが多くなったため、修理の手間は減った一方、部品代がそこそこ高くついてしまいます。

逆にいえば、そうした部品交換だけで直る車は、壊れた部分を交換すればそこそこの価値があり、中古車店で売れます。そのため、部品代や手間賃程度は差し引かれるものの、車種によっては意外な値段で引き取ってもらえたりする場合もあります。

中古部品の元になる

酷く損傷した場合は廃車になりますが、分解してパーツにすれば使える部品が沢山あるため、可能な限り剥ぎ取られます。原型が残っているけれども骨格まで歪んでしまったような車でも、こうした「中古部品の元」としての価値が残っているため、意外な価格で売れることがあります。

ただし、不人気だったり現存台数の少ない車の場合、中古部品の需要そのものが少ないので、売れないこともあります。また、不人気車種でも共通の部品を使っている車が人気車種だったり、日本で人気がなくても海外では人気の場合もあります。

資源になる

大破して原形をとどめていない車は部品としての価値はありませんが、金属や樹脂などのリサイクルできる素材としての価値はあります。2005年1月1日に自動車リサイクル法が施行されてからは、資源としての再生割合やリサイクルのルートが確立され、大破した車でも一定の価値はあります。引取りにやや手間はかかるため、大した値段にはなりませんが、それでも換金できるならしておきたいものです。

資源として見ると、車種ごとの人気は関係なくなりますが、その資源の市場価格に影響されるため、例えば鉄や金属の価値が少ないときはお金にならず、逆に処分費用求められる場合もあります。

おすすめ事故車買取サービス

サービス名 特徴

タウ

参加業者数:タウ1社のみ(事故車買取専門)

ボコボコの事故車だけを専門に買取る業者です。毎日約130台、年間5万台以上の買取実績があります。事故車売却シミュレーターで大体の売却額が分かります。ローンが残っていても、タウのローン組替サービスで補えます。酷い事故車ほど買取歓迎、全国出張査定。

ズバット

参加業者数:200社以上
最大見積もり数:10社

大手を含む 200社以上の車買取業者から、厳選10社に一括で査定依頼ができるので手軽なオークション感覚で一番高い買取業者が選べます。出てきた査定価格を徹底比較して、愛車の最高価格が分かります。

カーセンサー

参加業者数:530社以上
最大見積もり数:30社

カーセンサーは、査定業者の参加数が業界最大級。見積もりが最大30件も取れます。地域に根ざした有名中小企業も多数参加しているので、地方の方もたくさんの査定の中から比較して選ぶことができます

事故車の買取は全国対応です

北海道 北海道
東北 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島
甲信越 山梨 | 長野 | 新潟
関東 茨城 | 栃木 | 群馬 | 埼玉 | 千葉 | 東京 | 神奈川
北陸 富山 | 石川 | 福井
東海 岐阜 | 静岡 | 愛知 | 三重
関西 滋賀 | 京都 | 大阪 | 兵庫 | 奈良 | 和歌山
中国 鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口
四国 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知
九州 福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島
沖縄 沖縄