事故車でも高額で取引される車はあるか?

一般的に修復歴のある「事故車」の場合には綺麗に修復されていても、下取り買取価格は非常に安く、不人気車に至っては価格が出ないゼロ査定も十分あり得ます。しかし特殊性が高い車、絶版車・旧車の中での人気車、ディーゼルエンジン車は修復歴の有無に関わらず高値で取引されている車種もあります。

スポンサードリンク

普通の車は、軽微な修復も安くなる

現在市販されている普通の車の場合は、軽微な修復歴でも価値は大きく低下し、修復歴に該当しない、ボンネットやドアのみの修理でも減点されるなど厳しい査定になります。例えば、ホンダフィットで5年前の2012年式走行距離5万km台の条件で買取価格を比較してみると修復歴無は40万円前後、修復歴有は20万円前後で価値は半分です。

ランドクルーザーシリーズは高値で取引される~国内編

トヨタランドクルーザーシリーズは耐久性が高く、修復歴があっても高値で取引されています。特に1ナンバーになるディーゼル車の人気が高く、20年前のランドクルーザー80シリーズは走行距離が15万km前後の車でも90万円前後の買取り価格がつきます。

30年前のランドクルーザー60シリーズは同じく走行距離が15万km前後の車でも150万円前後の買取り価格もあり得ます。なお、これらの価格は全て修復歴有の車の価格だから驚きです。

ラダーフレームと呼ばれる強固なフレームを持つランドクルーザーシリーズは多少の修復歴があっても走りに大きな影響がないことが考えられます。また、修復歴の有無よりも外装の綺麗さや、リフトアップ&ドレスアップなどで価格が左右されるのが特徴です。修復歴はないけれどサビだらけよりも、修復歴有のピカピカの車の方が中古車価格が高い傾向にあります。

ランドクルーザーシリーズはガソリン車も一定の人気があります。東京都内や大阪府内などディーゼル車規制のある地域では使用できないため、ガソリン車が選ばれます。

ランドクルーザーシリーズは高値で取引される~海外編

日本で売れない車のみが海外に行くと言う意味だけではなく、初めから海外に輸出する目的で買い取る業者もあります。

年式の古いランドクルーザーは、東南アジアなど開発途上国に輸出されます。耐久性の高いディーゼルエンジンと構造が単純なマニュアルトランスミッションが重宝されます。

年式の新しいランドクルーザーは耐久性と高級感を併せ持つため、アラブ首長国連邦などアラブ諸国に輸出される傾向にあります。

アラブ地域に限らずランドクルーザーは、北米、東南アジア、アフリカなど各国に輸出され、新車も含めておよそ180か国で愛されています。

ハイエースも価格が下がらない

トヨタのワンボックスタイプの商用車ハイエースの比較的新しいモデル200系と呼ばれるタイプは人気が高く、修復歴があっても価格は大きく下がりません。日本国内でも需要も多くなっています。

ハイエースなどの商用タイプの車は、新車で購入し外装がボロボロになったり故障し修理不能になった場合などを除き、なかなか手放すことはないようです。程度の良い中古車がなかなか流通しないため中古車価格は高くなります。

100系と呼ばれるタイプは生産終了から13年経過しています。国内では人気が薄くなり、買取価格も1ケタ万円のハイエースも多数あります。しかし海外での需要が高く、特にハイエースは故障しにくく長年使えるとのことで非常に人気があります。輸出専門買取店に買取査定に出せば高価買取が期待できます。

20年前後経過し走行距離も20万km前後、外装はキズヘコミ多数、それでもディーゼルエンジン搭載車なら20万円前後の買取りもあります。海外輸出の場合は修復歴、事故歴よりもエンジンやミッションが正常であれば十分高価買取が期待できます。

絶版車・旧車は修復歴があっても高い?

生産が終了して40年以上経過しても人気の車種はあります。例えばスカイライン。1963年から販売された「ひつじの皮を着た狼とよばれた」S54ノーマルのS57シリーズ、1968年登場の「ハコスカ」の名で有名なC10、1972年に登場したケンとメリーのスカイラインで「ケンメリ」の愛称で親しまれたC110、これらは全て部品供給は終了しパーツは汎用品を使うか、部品取車としてもう一台用意し維持するか、など維持も困難となっています。

絶版車・旧車の場合は、修復歴が無いなら無い方が当然良いのですが、修復歴があってもオリジナルのパーツが綺麗に残っていたり外装が綺麗にレストアされている場合には価格が非常に高くなっています。

GT-Rグレードは、めったにお目にかかることはなく、GT-R仕様が多く、それでもケンメリGT-Xの修復歴有でも500万円前後の相場で、かなり希少となっています。スカイラインブランドのみならず、いすゞ117クーペやベレット、マツダコスモスポーツ、ホンダS800、三菱ギャランGTOなども同様の傾向にあります。

最終的には買取店競合と事故車買取専門店に相談

通常の下取りや買取で思うような金額が出ないのが事故車。それでも、海外輸出需要や部品取、再販など可能性はるので、一括買取査定で買取店同士競合させてみます。

事故車買取店に持ち込んだ場合には、足元を見られ高価買取は期待できませんが、ネットで一括買取査定申込みなら自動的に事故車買取店競合になり高価買取が期待できます。

下記サイトにアクセスし申し込むことにより、ラビット、カーセブン、カーチス、ビッグモーターなど大手買取店から連絡が入り買取店同士の競合がスタートします。

スポンサードリンク

事故車でも一括査定OK!おすすめ事故車買取サービス

サービス名 特徴

カーネクスト

参加業者数:カーネクスト1社のみ(廃車・事故車買取専門)

カーネクストは事故車・故障車・不動車・水没車・廃車などの買い取りに特化したサイトです。どんな車も買い取れる0円以上買取り保証、面倒な手続き書類の代行が全て無料、動かない車も全国対応でレッカー引き取り完全無料です。

ズバット

参加業者数:200社以上
最大見積もり数:10社

大手を含む 200社以上の車買取業者から、厳選10社に一括で査定依頼ができるので手軽なオークション感覚で一番高い買取業者が選べます。出てきた査定価格を徹底比較して、愛車の最高価格が分かります。

カーセンサー

参加業者数:530社以上
最大見積もり数:30社

カーセンサーは、査定業者の参加数が業界最大級。見積もりが最大30件も取れます。地域に根ざした有名中小企業も多数参加しているので、地方の方もたくさんの査定の中から比較して選ぶことができます