交通事故を無くすためのアイデア

スポンサードリンク

目次

脇見運転、信号無視対策

横断歩道のある箇所に踏切のようなシャッターを付ける。車道の信号が黄色になったら、シャッターが閉まり始めて赤になると完全に閉まる。青でシャッターは開く。自動車に信号の色を識別する機能をつける。その機能で車道の信号の色を確認し、赤なら自動で止まるようにする。スマホを見ながらの運転が危ないため、自動車のフロントガラスにうっすらとスマホの画面を映し、ハンドルで操作し、実際にスマホを操作しているような状態にし、スマホは遠隔操作されている。

免許証の返納サービスのメリット

最近多いのは、高齢者の操縦ミスの事故が特に多いと思います。高齢者の方は免許証を返納するとさまざまなサービスを受けられますが、あまり知られていないことが、返納手続きが進まない理由の一つであると思います。また、最大の理由は、移動手段がなくなってしまうことです。そのため、まずはCM等で返納するとさまざまなサービスが受けられるメリットをもっと宣伝すること、そして、代わりの移動手段として、交通機関の半額サービス等を実施し、それについてももっと宣伝することが必要であると思います。しかし、こうしたサービスを実施することによって、交通機関、特にタクシー会社にとってはあまり売り上げにつながらないと思うので、法律でサービスを受けられる高齢者を乗せた場合は、いくらか国から還元されるという法律を作れば、両者ともよいのではないかと考えます。

歩車分離とパーク&ライドとカーシェア・シェアサイクル促進による交通事故を減少させるアイデア

歩車分離交差点など歩車分離をより一層推進していくことで交通事故を減少させます。そのためには社会全体の自動車・バイク・自転車の総量を減少させつつ交通量に対する交通インフラの余裕を確保し更なる交通網の歩車分離を実現させます。そのためにパーク&ライドやカーシェアを普及させ交通量の減少につなげます。歩行者と車の接点が減ることで交通事故がもっと減少すると考えます。また、違法駐車の車が歩道に乗り上げている風景もよく目にしますが、車の総量を減らし正規の駐車場所を増やし違法駐車を無くすことで歩行者が車道に入るリスクも減少でき、牽いては交通事故の減少につながります。

ドライブレコーダーの義務化で悪質運転者に対しての抑止力に

交通事故にもいろいろなタイプがあります。最近ニュースになったもので悪質だと思ったのは東名高速道路で起きた死亡事故です。これはあおり運転が原因で起きたものです。他にも数年前に北海道の一般道でレースのようなことをし信号無視をして事故を起こし、死亡事故を起こした若者がいました。悪質な事故を起こした人達は、だいたい嘘をついてひどい言い訳をします。悪質な運転をし事故を起こす者達に対して抑止力としてドライブレコーダーの義務化をしてほしいところです。これによって全ての悪質な事故がなくなるわけではありませんが、走っている車全てにカメラが付いているとなれば、悪質な運転を控える者もでてくると思います。いきなり全ての自動車に義務化は無理だと思いますので、新車から義務化をしていけばいずれ全ての自動車に付けられることになります。ですのでドライブレコーダーの義務化の法律が早くできると良いと思います。

自転車も免許制に

自動車は皆さんご承知のとおり、免許がないと運転できません。免許を取るには、講習を受け、練習をし、試験を受けます。違反をすれば罰金があり、点数が引かれ、場合によっては運転できなくなります。自動車の運転ほど厳しくする必要はないかもしれませんが、自転車も免許制にしたらいかがでしょうか。道路にフラフラ、歩道で走行、ながら運転…自転車だから甘く見ているのか、危険な走行が目立ちます。自転車も免許制にし、ある程度の知識があり、また危険な走行をしている人に対する取り締まりを厳しくし、場合によっては運転不可にしたら、交通事故が少し減るのではないでしょうか。

加害者と被害者

加害者(になり得る)側と被害者(になり得る)側双方の観点から書きます。加害者側について、前方不注意、信号無視、飲酒運転、危険運転、ながら運転、あおり運転、スピード違反、歩行者妨害、等々以下に撲滅するか。加害者側について、信号無視、飛び出し、自転車の無謀運転、無謀な道路横断、等々双方がいかに危険な行動をしないか。全てはここから始まります。予防に勝る治療なし。いかに防ぐか、の前にいかに事故を起こさないか双方にこの心構えを持つこと。受動態ではなく能動態からと感じました。

交通ルールをみんなが守る世の中になって欲しいです

危機管理センサーが優れている上に自動運転が出来る自動車が出来たら良いと思います。あと信号機の黄色信号を赤信号と同様に絶対に止まらないといけないようにしたら、黄色信号なのに無理に走り抜けていく人も減るかもしれません。歩行者や自転車も信号を無視したら罰金を取られるようになれば事故はもっと減るはずです。信号機ももっと大きく見やすいものにして聴覚や視覚が悪くてもわかるような物にします。あと高齢者や子供や障害のある方が渡り切れるように歩行者用信号の青の時間をもう少しのばしたほうがいいです。

70歳以上の人は車の運転禁止の法律をつくる

最近高齢者がアクセルとブレーキを間違えてスーパーの自動ドアや店に突っ込んでしまうニュースを度々見ています。何か対策は出来ないかと以前から考えていましたが、70歳以上の高齢者からは運転免許の資格を剥奪し、運転禁止の法律を作るのが一番手っ取り早いです。そんな乱暴な事を言うなんて酷いと怒る方も居るかも知れませんが、確実に事故を減らす方法はこれくらいしか思い浮かびません。あと思いつくのは、自動速度取締機の設置を増やすこと等です。

交通事故無くし法

交通事故原因ランキングから考えてみました。まずは最近増えている高齢者の事故。これは法律で60歳以上は、運転免許証返納の義務化ですね!続いて年齢関係なく起こる、居眠り・脇見運転など。全ての仕事の退勤時間を15時に統一。一度でも携帯電話を操作中に事故を起こした人は、携帯没収、以後3年間は携帯会社と契約が出来ない制度にする。以上を実現する為に考えなくてはいけないのが、公共交通機関の充実。そこはモノ作りJAPANの底力で、空飛ぶ車・歩道・高齢者を元気にする薬の開発を一日でも早く切望します!頑張れ!ニッポン!

被害者、加害者の生の声を聞こう

私は実際に交通事故に遭ったことがあります。私は歩行者で横断歩道を横断中、信号無視で突っ込んできた車にはねられました。命に別状はありませんでしたが、心の傷は未だに消えません。相手の不注意によるもので、故意的なものではありませんでしたが、いくら不注意で起きてしまった事故だとしても、相手を恨む気持ちは消えません。こうした経験からも、もっと危機感を持って運転してほしいという気持ちが強くあります。ですので、免許を取るまでの教習や、免許更新講習などで被害者の声、できることならば加害者の声を聞く機会をもっと設けたほうが良いと思います。交通事故防止のための映像などはよく目にしますが、そうしたものよりも実際の声を聞いたほうが説得力があると思うからです。

信号を全て歩車分離とする

歩行者と車両の信号の青のタイミングを全ての信号で歩車分離型とする。信号の青のタイミングが同じだと、右左折車に巻き込まれての交通事故が起きます。特に子どもは車両から見落とされやすいのか、小さい子が犠牲になる事故が多いと思います。イギリスロンドンの中心部は全て歩行者と車両の青のタイミングが別でした。信号待ちの時間は多少長く感じますが、歩行者側としても自分の信号のみが青なので猛スピードで侵入してくる車両が無い限り少し左右確認して渡れば事故にはなりませんし、運転者側としても歩行者の切れ間を左折、右折先の歩行者を考えて運転しなくて良くなるので、ストレスの軽減になりました。なぜ日本は信号のタイミングをそうしないのか疑問に思うくらい、良いシステムだと思ったからこれを導入して欲しいです。

交通事故を減らすために

まず第一前提として交通事故の種類やパターンを把握しなくてはならないのです。歩行者と自転車、歩行者と車、自転車と車などのあらゆる可能性を明記しなければならないのです。この利点は自分と他の環境にあてはめやすいということから自分に対する危険を察知しやすいということが挙げられます。またパターンに対する反応や行動も把握するべきである。その伝達方法はさまざまではあるがsnsだけでは確実性が欠ける。そのため対象者を若者などに絞り教育機関もしくは会社主催あるいは警察、政府主催の事故セミナーが必用だと考える。セミナーに来て、参加者が良かったと思うシステムが必要である。例えば、自転車屋や自動車会社との連携のもとで行うセミナーばどうだろうか。ちなみにこれは保険会社との関係を悪化させてしまうため難しいと考えられる。そうなると考えられる候補は企業ではなく警察などの組織なのだと考えることができる。

自転車に免許を

少し前まで、自転車は交通事故の被害者のイメージでしたが、昨今では加害者となり被害者が死亡するケースも増えています。なので、自転車で公道を走る場合には自動車同様免許制を導入した方がよいです。小学校などで交通教室を実施していますが、学生を中心に20代以下の若い世代は道路交通法などの知識も乏しく、無謀な自転車さばきが目立ちます。歩道を走っている時は歩行者優先で、ベルを鳴らして歩行者をどかしてはいけないことや並走してはいけないことも知らない人が、大人でも結構います。なので道交法について必要な知識を得てから自転車を公道で運転できるようにしてほしいです。

女性や高齢者に苦手な細い道で交通事故を起こさない為に

私の町は田舎で細い道が非常に多いです。テレビニュースでよく見る追突事故や、おかまを掘る、等よりも、細い道を走行中に対向車がきた時にすれ違えず、こすってしまったりする事故の方が多いと思います。その為、一般道路を走るよりも、細い道を通ることが毎回ストレスになっています。安全に細い道でも対向車とすれ違える為に私が考えている夢の方法。それは、タイヤが前後だけに動くのではなく、切り返さなくてもその場でタイヤが左右に平行移動できる事です。そうすれば、楽に車の幅寄せができると思います。

余裕を持って

交通事故を起こす原因として、ドライバーに心の余裕がない場合も少なくないと思います。出勤時渋滞なので職場に遅れそうなった場合、無意識に乱暴な運転になってしまうこともあります。そのような場合は注意も散漫になってしまいますので、急に飛び出てきたバイク、自転車等に気づかず接触して事故を起こしてしまいます。なので、出勤時は時間に余裕をもって家を出るなどの対策も一つの手段かとも思います。また、現在の交通に関する法律の規制を更に強化するというのも一つの手段かと思います。

AT車での踏み間違いを抑止

高齢者などのアクセルとブレーキの踏み間違いによる交通事故が増加していると言われていますが、やはり車にも問題があると思います。オートマチック車は操作が楽ではありますが、なんでも右足で操作することに踏み間違いの原因があると思われるので、両足での操作も必要かと思います。または、今は小さな工場で考案して取り付けられている、アクセルとブレーキを一体化させて、ブレーキからスライドさせないとアクセルが踏めないような装置があるということですから、補助や生産拡大で早急にどの車にも取り付けられるようにするとよいと思います。

事故を減らすために道路の多層化

車と歩行者や自転車との交通事故を減らすために、同じ道路を使わないのが、最も事故を減らす方法だと思います。つまり、高速道路のように車専用の道路を張り巡らして、そこは歩行者や自転車が入れないようにすることです。そして、車同士の事故を防ぐためには、車同士が同じ平面で交差しないように、車専用道路を多層化してしまうことが大切だと感じます。これによって、自損事故以外はかなり交通事故を減らすことが出来ると考えます。

まずは身近なところから

バイクや自転車のライダーが口を揃えて言っている記憶があるのは、「道路の白線やマンホールが非常に滑りやすい」ということです。車に乗っている人はあまり意識しないかもしれませんが、二輪で走っている人たちは重心がタイヤに集中するぶん、事故が起きる確率が上がるということのようです。対策としてはいけない、白線の素材を変更して、雨の日でも滑りにくいようにすればいのになと思います。すでに道路表示として機能しているものも、上から塗るだけ、とかであればコストをかけすぎることなく事故が減らせるのではと思います。

特別ボーナス制度で交通事故減

夢のような法律があるとすれば、一定期間事故を起こさなければ、そのたびに一家庭につき100万円が支給されるというものです。一度でも事故を起こしたらその期間はもらえずに、翌期間からは半額ずつ減額になっていくという法律です。少額ではない現金支給があれば事故を起こさないように注意して運転する人が増えると思います。そして減額していくとなると例え事故を起こしてしまった人でも、これ以上減額されないように気を付けるようになるのではないかと思います。そして高齢者ドライバーの運転も現金支給があるとなれば、その支給分をタクシー代に回すこともできるし、無理に運転しなくても済み事故が減るのではないかと思います。

試験をもっと難しく

運転免許の試験をもっと難関にすることです。
まず交通事故が発生する原因として最も大きな問題だと思うのが、運転適性のない人間にまで免許を発行してしまっていることだと思うのです。車の運転には結構いろんな能力が要求されます。空間把握能力も必要ですし、咄嗟に判断できるだけの頭の回転や柔軟性も求められます。頭の悪い人間には中々荷が重いです。現在、運転免許は教習所に通うだけのお金と最低限の知能があれば簡単に取れてしまいますので、もっと難しくしてはどうでしょうか。

初心を忘れずに

皆さんは自動車教習所ではじめて公道を走った時のことを覚えていますか?簡単に人を殺せてしまう環境になり、運転中も様々なところに目を向けて運転していたと思います。私自身は、自動車教習をする前日は早めに寝て寝不足で運転しないようにも心掛けていました。では、今皆さんは運転する前日十分な睡眠をとっていますか?運転中小さい子供が飛び出してきても大丈夫なように最悪な状況を考えつつ運転していますか?してないと思います。どうして今はできなくなってしまったのでしょうか。それは「慣れ」です。人間は長期間同じことを経験すると「慣れ」で、初心を忘れてしまいます。毎回の運転で初心を心掛けることは確かに難しいです。ただ3日に1回とかそのような頻度でも初心を思い出すことによってきっと事故を減らすことができると思います。ぜひ実践してみてください。

年齢問わず運転免許証更新時には運転の実習が必須

今ですと高齢者の運転免許証更新時に運転の実習があるそうですが、高齢者のみならず運転免許取得者が免許証更新時に年齢問わず運転の実習を義務付けるのが良いかと存じます。若い方でも中年の方でも、免許更新時にDVDを観るだけの講習ではなくて、運転の実習もきちんとされて、今まで身に付いてしまった運転時の悪い癖や忘れていた必要操作を思い出してもらい、改める事によって事故も減らせていけるのでは、と思われます。…ただ、免許取得者全員に更新の際に運転の実習をするのには、場所もそうですが時間的にも確保が必要なので難しいかもしれませんが、これがかなうと事故が減らせる気が致します。

交通事故ゼロは叶わぬものか!?

交通事故ゼロは人間にとっては一人一人の生存確率が上がる。今この時間でもどこかしらでは事故が起きている。私はゼロにするために行くつかの案を提供する。まず、乗り物の交通に対しての機能の向上。これによって今の状態よりは全然良い交通環境が出来上がる。また、道路の整備も大事だと考えている。道路の状態によっては交通事故が起きやすい環境になってしまうおそろが高い。さらに、年齢によって半年ごとに講習を行うことも大切である。

ナビ呼称

呼称運転をすると事故は軽減出来るようですが、中々運転中ずっと呼称し続けるのは無理があるため、自分が喋るのでは無くナビに喋ってもらうのはどうかなと思います。車の衝突防止を目的に作られた機能を利用して、前方からの情報を話してもらう。対向車注意!左歩行者注意!この先交通事故多発エリアです注意してくださいなど。各方向からにカメラを設置し近づきすぎですとか、車間距離を開けてくださいなど、運転者に注意を呼びかけら機能があればいいかなと思いました。

車は原点回帰でマニュアル車のみに!

ズバリ「オートマチック車を廃止し、マニュアル車のみにする」です。事故が多くなる原因のひとつに、スマホやカーナビなど運転中の操作がありますね。それは車がオートマチック化し「操縦する工程が減った」ことが関係していると思われます。本来は運転を楽にした分、周囲へ注意を向けられるよう余裕を持たせるという意味があったはずです。しかしその余裕を安全確認に使うどころか、散漫になる事に使っているため事故が多くなるのです。ならば逆にオートマチック車を無くし全てマニュアル車に戻せば、運転に集中しなければいけなくなるためスマホなどの操作が出来なくなります。さらに運転が難しくなれば「運転技術が上がる」「対応できない人は乗らなくなる」「運転技術の低下が明確になり免許返納を後押しできる」ということにもなるため、ドライバーの絶対数も減少することで交通事故も減らせます。

事故を起こすパーセンテージが分かるテスト

いくつかの質問に答えて自分がどの程度、事故を起こしやすいかどうかをテストで判定する。質問は事故が起きやすいような状況で、こういう場合は自分ならどうするかというもの。質問を解凍すると、事故を起こすパーセンテージが出る。質問ごとに、こあなたはういう場合に事故を起こしやすい傾向にあるという解説がついてくる。また、全体の回答で正確判断も行い、事故を起こしやすい心理状態の解説などもする。バランスチャートなど視覚的にも分かりやすいと良い。

交通事故を減らすためのいくつかのアイデア

交通事故を減らすためにはまず運転者の意識改革が必要です。例えば講習です。現状では免許の更新時にしか講習はないですが、この講習を1ヶ月に1回のペースで行うのです。それとは別に交通量の多い場所には警察官を設置して取り締まりを強化するのです。そして最も重要なのはこれを最初はある一定地区(事故の多い名古屋がベストです)のみで行う事。そしてこの取り組みの設置前と後でどれ程に交通事故が減ったのか、データに出して全国に公開するのです。そうする事で国民にも興味を持ってもらえると思うので、後はこの取り組みを徐々に徐々に全国に広げていけばいいのです。

脇見と自転車の取り締まり強化

スマホながら等の、故意・悪質な脇見運転の取り締まりを強化するべきだと思います。オービス(自動速度取締機)のような監視カメラにAIを組み合わせて、スマホ運転を発見・摘発するシステムは、技術的には既に可能なのではないでしょうか。録画証拠を元に検挙できるよう、法律を改正したら良いと思います。また、自転車にもナンバープレート的なものを付けて、完全登録制にする(盗難防止にも役立つ)。原付並みの扱いとし、違反取り締まりの強化、および罰則(罰金)の強化をしてもらいたいです。

道路交通法に則ったスピード設定の車

なぜか日本の車は100キロ以上のスピードメーターがついています。100キロ以上出せる道路がないはずなのに、です。自動運転ができるくらいの技術があるのだから、100キロ出たらその時点でそれ以上のスピードが出ないようにもできるはず。いまの自動車業界は安全とは真逆の開発をしていて不思議です。もう1度、安全に自動車を走らせるために必要な技術を見直して欲しい。きっと自動運転ではないはずです。スピード違反、それに巻き込まれる死亡事故を無くすためにも、きちんとそれに特化した車を開発して欲しいと思います。

悪意がなくても

1:老害を減らす。
その為の運転免許返納を自主性ではなく、強制とする。
年老いて尚、運転する場合は、最低条件をつける。
例1→単独乗車の禁止
例2→免許の更新を月一に義務付ける
例3→車の前後、目立つ箇所へシルバーマークの徹底など。
2:自転車にも免許講習を義務付ける。
3:車会社側の開発課題として、キー操作に年齢認証を必須とする。
4:携帯会社にも、運転中の自動ロックなど開発努力が必要。
5:免許更新時の、実技に、加え、新道路交通法など免許取得時との変更点の把握、遵守の徹底付け。

交通事故反対

交通事故をもっと減らすためには、車を運転しないことですね。この世から、車なくなれば一番手っ取り早いです。そうすれば、交通事故なんてなくなるんですよ。人間は、便利を求めすぎて車を開発したのです。現にわたしも車を所有している一人です。車に慣れと、中毒なり車のない生活は考えられません。ホントに楽なんです。昔の人のことが考えれば、ほんとに便利になっと思います。でも、車に乗らないで、歩く生活を心がけていれば、健康でいられるのです。

交差点の信号で、車を強制的停止するシステムを作る

信号のある交差点で、信号が黄色に変わった時に停止するかどうかをドライバーではなく、車に判断させるようにする。運転中に信号が黄色に変わると、進むかどうか判断しずらいときがあります。そういう時は、そのまま進行しているのがほとんどだと思います。悪質なのは、明らかに間に合わない場合でも、進行している車をよく見かけます。歩行者の立場で、横断歩道を渡ろうとしたときに目の前を猛スピード走っていくのを見るとで非常に怖いです。だから、信号の停止線までの距離、速度を計算して、車が停止、進行の判断するようにします。

夢の自動運転の世界

人間は必ずミスをおかします。そのため、交通事故をゼロにすることは無理だと思います。そのため、やはりドラえもんの世界のような全自動運転の乗り物のある世界になると交通事故はゼロになるのではないかと思います。しかし、現実は難しいと思います。今ある“ぶつからない機能”や“自動運転の機能”などの性能を向上させて、交通事故を減らすようにしていくしかないと思います。そして、一人一人も事故を起こさないように考えて行動することが大切だと思います。

発光するライン

夜間運転は、ドライバーにとって視界が悪く、運転に支障きたしたり、精神的にも大変ストレスになります。そこで、私が考えたアイデアは、センターラインなど道路に引かれている線が発光するというものです。発光することで、道路の視界が良くなり、運転がしやすくなるのではと考えました。また、精神的にも余裕ができドライバーが安心して運転できるというメリットもあります。道路が少しでも明るくなることで、障害物や人の認知が早まり、事故を未然に防ぐことが可能になると思います。

強制力を徹底する

飲酒運転やスマホなどを見ながらの運転や歩行などによる事故に関しては、飲んだら絶対に運転できないシステムを作るべきです。車にアルコール感知ができる物を付けておき、全部の車に飲んだらエンジンがかからないという仕組みにしてしまう。また、運転中のスマートフォン操作も同様で、操作した瞬間に車から警報が鳴り響くシステムにする。歩きスマホに関しては歩いている時の操作を感知できるシステムを導入して、歩きながらの操作ができないように、電源が切れるなどの対応をしてほしい。とにかく徹底してやることが事故減少につながると思います。

夢のような事故対策について

自転車も免許制にして、学生は対人事故保障付きの保険に加入する事を義務付ければ、交通事故を減らせると思います。街中の信号機は時差式の機種に取り替えて、信号が変わる寸前の急加速や右左折の巻き込みによる事故を減らすようにします。一般道でも自動運転車が走行出来るようなインフラ整備を、国をあげて行います。児童の登校時間はマイカーを規制します。なるべく会社の近くに居住出来るように、企業は従業員に対して住宅手当てを厚くし、マイカーを手放した人には報奨金を与えます。

障害察知し自動的に停止する車

もう開発されつつあるようですが、障害物を察知し自動的に停止したり、道路標識の制限速度読み取り、制限以上のスピードを出せなくする車が普及すれば良いと思います。また、運転手の瞬きの回数などセンサーで察知し、眠気を催していると判断すれば、それ以上進めなくなるのもいいかも。また、運転手がスマフォに気を取られていたり、脇見運転をしているとセンサーが察知すれば、その時点で運転不可能になったり、注意を促すなど。

免許の年齢制限

昨今取り沙汰されている高齢者ドライバーの事故をなくす為に、運転免許は自主返納ではなく、75歳を区切りに全員返納を原則とすれば良いと思います。自主返納をする方は基本的には、自分の状態を良く把握されている方だと思いますので良いのですが、自身のことを把握できていない、無駄に自信だけある方こそ危ない為、基本的には年齢制限を設けて全員取り消し。通信に運転が可能な方は個別に運転試験を受けて改めて認可を貰うような制度にするべきと考えます。

違反や事故を起こした人には厳しく

一度事故を起こした方は慎重になったり、運転しなくなる方もいると思いますが何度も平気で起こす人もいます。そういう方は本当に運転に向いていないし危険なので2回以上事故を起こした方はもう一生運転できないようにしたほうがいいと思います。違反が多い人も免許を取り消すようにしたほうがいいと思います。

現代だからこそ

実現するのは厳しいですが、一番手っ取り早い方法は、車道と歩道を完全に分ける方法です。歩道に車が突っ込む事故が非常に多いので、高架等を設置し完全に分けてしまえばそのような事故はないと思います。出来ればその上で、全ての車に車載カメラを搭載すれば良いと思います。カメラがあることで違反や事故を起こさないように意識することが期待出来ます。法律で義務化し、車検時の点検項目に入れれば全車両に搭載させることは可能だと思います。カメラ技術が発達した現代だからこその方法ではないでしょうか。

ポイントは老人と子供にあり

現在、交通事故はかなりの比率で高齢者の交通事故が占めています。それも考えられないような場所で考えられないような事故が多発しています。高速道路の逆走、コンビニやストアーの駐車場にてアクセルとブレーキの踏み間違い、中央線はみだしによる正面衝突事故など多数発生しています。そこでこのような事故を起こしにくくするためにすべての事故の発生についてのデーターを公にマスコミなどを使って国民に発表して、一つ一つの事故を起こしたことに対しての対策を考えるべきだと思います。高速道路の逆走については道路の色を変えたり、ゲートを付けて逆からの入り込みを防止したり、踏み間違いなどは高齢者については無料で踏み間違え防止ペダルへの付け替えなど国からもお金を出してもらい、死傷者をできるだけ減らす努力を日本全体で考えるべき時ではないでしょうか。事故を起こすのは悪い事ですが、事故が起こらなくする事も理想ですが考えると良いアイデアが出るのではないでしょうか。

子どもの死亡事故を減らすために

私が特に減らしたいと思うのは子どもの死亡事故。一番はドライバーの意識です。法定速度を守り、よこ道や物陰から子どもが飛び出すかもしれないと常に考える運転が必要です。また子どもが自分で身を守る意識も必要です。小学1年生の事故が多いので、年長さんくらいになったら交通ルールの教室を徹底して開催してほしいです。歩行者は青信号でも、大型トラックが左折してきて止まらないかもしれない、ということなどを教えてほしいです。

徹底した管理

法定速度以上のスピードが出ないように車を設計すればよいと思います。150キロや180キロまで出せるから人はスピード違反をするのであって、法定速度以上出ないようにシステムで管理すればより事故は減ると思います。後は、飲酒運転をなくすためにエンジンをかける前に息を吹きかけ車が少しでもお酒を感知したらエンジンをかけることができなくなる仕組みを作れればよいと思います。お年寄りの運転についてももっと厳しく対処すべきだと思います。

視線監視センサー搭載義務化

全ての車に視線監視センサーの搭載を義務付ける。センサーで運転者の視線を監視し、脇見やスマホの操作など、通常運転とは違う視線の動きを感知した場合、警報が鳴って注意を促す。警報を何度も無視する悪質な運転者には、センサーと連動したエンジンが強制的に停まるシステムにする。もちろんエンジンを強制停止する場合はハザード、減速、路肩に寄るまでの一連の行動も自動で行われる。そして強制停止された運転者のナンバーを所轄の警察署に連絡し、ブラックリストのように記録を残していく。

世の中全ての車が自動運転に

世の中全ての車が自動運転になれば、交通事故はかなり減らすことができると思います。自動運転は完全ではありませんが、ここ最近の車でも、歩道から人が飛び出してくれば自動で走るコースを変えたり、中央線からはみ出せば元のコースに戻るようアシストしてくれるものが出てきています。年間の交通事故死亡者数は相当なもので若者も多く亡くなっていて働き手が少ない日本にとっては大打撃です。本気で自動車事故を減らすなら、全員が自動運転車に乗れるよう、補助金を出したり、優遇低金利ローンなどの制度を充実させるべきかと思います。

クルマの自動ブレーキ機能を義務化すべき

クルマの自動ブレーキ機能は、今現在、多数の車に最初から付いている機能になりました。しかし未だ全ての車についているわけではありません。これから発売される車については、全ての車に自動ブレーキ機能の装着を義務付けした方がいいと思います。コツンと当たっただけでも、警察を呼んで事故証明を発行してもらって、保険会社に連絡してという作業は、非常に煩わしいもので、多くの人々にとって時間の無駄です。また高齢者の運転する車には、自動ブレーキ付き車であることを義務付けるのもいいでしょう。

街角にもっと制服の警察官の増員を

交通事故の増加への注意喚起がされている昨今ですが、事故の増加傾向は変わらず、悪質なあおり運転や高齢者による逆走など、危険な運転者が増えている印象があり、これらドライバーの増加は、街角に制服警察官の姿が少なくなった頃とリンクしている印象もあります。警らのパトカー、交差点に立つ制服警察官の姿に、何もしていなくても、ドキッとした経験のあるドライバーは多いと思います。交通事故の抑止には、やはり車から警察関係者を認識させることが、事故防止になると考えます。

それぞれが責任と自覚を持って

交通事故を無くすためには、まず、老いも若きも自分たちが社会に参加していることを自覚するべきです。例えば、子供が自転車で高齢者をケガさせた事で、個人賠償責任補償が必要になってきた都市もあります。交通事故も同じで、相手をケガさせると初めて、如何に相手に対しての賠償が大変かを悟ります。色々な事故の判例や賠償額を世間に公開して、各自の責任感を高める事が大切です。

安全な将来に向けて

まずは小さな頃から学校での道路交通法の徹底した教育が重要だと思います。少し前に“飛び出しごっこ”など一部の小学生に流行していたものを見たときには心底ゾッとしました。勿論学校でも指導はあったかもしれません。しかし、それをすることによってどのような過失が”飛び出す側”に課せられるのかを教えて、それによりどれほどの損失がその人間に発生するのかを道徳だけでなく数値で子供たちに示すことができれば、きっと歩行者の間だけでなく自転車、バイク、自動車のドライバーになった時にも役立つ知識となるのではないでしょうか。そして皆が安全運転に心がけるようになり交通事故は減っていくのではないのでしょうか。

スポンサードリンク

事故車でも一括査定OK!おすすめ事故車買取サービス

サービス名 特徴

タウ

参加業者数:タウ1社のみ(事故車買取専門)

ボコボコの事故車だけを専門に買取る業者です。毎日約130台、年間5万台以上の買取実績があります。事故車売却シミュレーターで大体の売却額が分かります。ローンが残っていても、タウのローン組替サービスで補えます。酷い事故車ほど買取歓迎、全国出張査定。

ズバット

参加業者数:200社以上
最大見積もり数:10社

大手を含む 200社以上の車買取業者から、厳選10社に一括で査定依頼ができるので手軽なオークション感覚で一番高い買取業者が選べます。出てきた査定価格を徹底比較して、愛車の最高価格が分かります。

カーセンサー

参加業者数:530社以上
最大見積もり数:30社

カーセンサーは、査定業者の参加数が業界最大級。見積もりが最大30件も取れます。地域に根ざした有名中小企業も多数参加しているので、地方の方もたくさんの査定の中から比較して選ぶことができます