交通事故 - 事故車買取のために

交通事故に遭ってから変わったこと

仕事に追われて追突事故を複数回おこしてしまいました

仕事の締め切りに追われてひと月に2回自動車事故を起こしました。2件とも前方不注意で前の車に衝突でした。この2回の事故で変わった事は、運転中は極力仕事の事を考えないようにしました。また、お客様や上司から急ぎの電話がかかっても必ず駐車場で停車してから電話に出るようにしました。また、仕事柄平均睡眠時間は4時間半でしたので昼休みは30分仮眠をとり、頭の中をリフレッシュするようにしました。一番効果があったのは、運転中眠たくなったら窓を開けて換気する事でした。

続きを読む

交通事故を無くすためのアイデア

脇見運転、信号無視対策

横断歩道のある箇所に踏切のようなシャッターを付ける。車道の信号が黄色になったら、シャッターが閉まり始めて赤になると完全に閉まる。青でシャッターは開く。自動車に信号の色を識別する機能をつける。その機能で車道の信号の色を確認し、赤なら自動で止まるようにする。スマホを見ながらの運転が危ないため、自動車のフロントガラスにうっすらとスマホの画面を映し、ハンドルで操作し、実際にスマホを操作しているような状態にし、スマホは遠隔操作されている。

続きを読む

交通事故を起こした、巻き込まれた経験談

あれほど「ヤバいっ!」て、思ったことはありませんでした

わたし、朝、車で娘を駅まで送らなきゃいけなくて。朝の五時だから、もう眠くて眠くてしょうがなくて。
寝ぼけながら、うつらうつらと運転をして、娘をなんとか駅まで、送り届けました。

続きを読む

事故を起こした!現場で取るべき手順は?

交通事故は誰も起こしたくないし、巻き込まれたくはないでしょう。しかしいくら注意しても交通事故がなくなることはありません。もし交通事故を起こした、巻き込まれた場合、何を優先し行動すればいいか、まとめました。

続きを読む

事故率の高い車はあるか

いわゆる「走り屋」が好んで乗るスポーツタイプの車は事故率が高く、保険会社でもその種の車は保険金が割高に設定されています。事故率の高い車というよりは、血の気の多い若者が好む車といえるでしょう。

続きを読む