ハッチバックの車情報 - カーマニアがどんな車も徹底解説!

日産 キューブ – 文字通り四角いトールワゴン、現行3代目は定番ロングセラー化!

最近はスズキ ソリオやダイハツ トール4兄弟といった『後席スライドドアつきトールワゴン』が軽自動車に続きコンパクトカーでもヒット中です。しかし、一時は結構流行った『後席ヒンジドアのトールワゴン』にも生き残りがあり、地味ながら堅調な販売台数を記録しています。それが現在3代目が販売されている日産 キューブです。

続きを読む

トヨタ パッソ – 今や数少ない『安価でコンパクトなベーシック・リッターカー』

1990年代までは各社から発売されていた『リッターカー』。登録車の中では自動車税がもっとも安い排気量1リッター以下、ヘタな軽自動車より安くて黄色ナンバーではないのが魅力でしたが、軽自動車ブームにより今や数少なくなりました。その中でもベーシックモデルとして現在代表的なのが、トヨタのパッソです。

続きを読む

スズキ ソリオ – 後席スライドドア化で大躍進したコンパクト・トールワゴン

かつて各社から発売されて活況を呈したコンパクト・トールワゴン。軽自動車ブームが始まるとスライドドアを持つ軽トールワゴンに押されていましたが、モデルチェンジした3代目で後席スライドドアを採用したら大ヒット!一転して売れ筋車種へと成長したのがスズキ ソリオです。

続きを読む

スズキ スペーシア – 軽自動車トップ奪回を目指すスズキ版軽スーパーハイトワゴン

軽自動車の売れ筋は1990年代から背の高い軽ハイトワゴン、2000年代以降はさらに背が高く後席スライドドアを持つ軽スーパーハイトワゴンがトップクラスであり、登録車まで含めた『日本でもっとも売れている車』となっています。そこで長いことダイハツ タントやホンダ N-BOXの後塵を拝してきたスズキが、かつての軽No.1メーカーの威信をかけて猛追している軽スーパーハイトワゴン、それがスズキ スペーシアです。

続きを読む

スズキ エブリイワゴン – 前後スペースに抜群の余裕あり!人気の軽1BOXワゴン

広いスペースの軽自動車と言えば最近は軽トールワゴン全盛ですが、昔から販売されている軽トラベースの軽1BOX車が持つ前後スペースの広さは今でも魅力。軽商用車市場の縮小で今では2車種(と、そのOEM5車種)のみの販売となりましたが、豪華内装の軽1BOXワゴンで圧倒的な販売トップを誇るのがスズキ エブリイワゴンです。

続きを読む

スズキ エブリイ – 軽1BOX車販売台数No.1!軽自動車界のハイエース

乗用商用問わず国産キャブオーバータイプ1BOX車の王様といえばトヨタ ハイエースなのは誰もが認めるところですが、軽自動車でハイエースに匹敵する存在といえばスズキ エブリィにほかならないでしょう。軽1BOX車の販売台数でブッチギリのNo.1なのもさることながら、両車の現行モデルはどことなく似ているような気もします。

続きを読む

三菱 デリカD:5 – 新型登場近し!コレじゃないと!という固定客も多いミニバン

自動車には流行に乗っかってとにかくたくさん売り、短期間でフルモデルチェンジを繰り返す車もあれば、数は多くなくとも「この車じゃなきゃダメ」と買い替え続けるユーザーを一定数抱え、長く売り続けられる車もあります。三菱・デリカD:5は後者の典型的な例で、信頼性の高い走破力から根強いファンに支えられている、個性的なミニバンです。

続きを読む

スバル フォレスター – 元祖4WD乗用車メーカー、スバルのクロスオーバーSUV

1970年代の初代レオーネ以来、『国産4WD乗用車の草分け的存在』だったスバルですが、その一方で国産車メーカー他社のように本格的な悪路走破力を持つヘビーデューティー4WD車には縁がなく、1980年代以降のRVブームにも乗り遅れていました。その状況は1989年に初代レガシィ登場以降も変わりませんでしたが、乗用車ベースのシティオフローダー『クロスオーバーSUV』のブームが到来した事でようやくスバルが得意分野を活かせる時代となり、誕生したのがフォレスターです。

続きを読む

BMW 1シリーズ – 「1に始まり、1に終わる」BMWユーザーの新基準

BMWブランドのボトムレンジを担う1シリーズ。元は3シリーズコンパクトから名を変えたもので、小さいながらもBMWのキャッチフレーズ『駆け抜ける喜び』を体現するバランスに優れたFRスポーツでしたが、最近では同社で別ブランド展開しているミニをベースにした中国向けFFセダンが登場するなど、その存在意義が変わろうとしています。

続きを読む

日産 エルグランド – 次期型で驚きの新技術により返り咲きを狙う大型高級1BOXミニバン初の大ヒット作

1990年代からのミニバンブームは2018年7月現在も依然として続いていますが、一時期ホンダ オデッセイのブームにより車高の低い乗用車型ミニバンが流行りかけた時代がありました。そこに抜群の車内スペース、豪華内装、そしてメッキを多用したアグレッシブな外装で1BOXミニバンを復権させたのが日産 エルグランドです。現在でこそトヨタのアルファード / ヴェルファイアにすっかり巻き返された感がありますが、中型以上のアグレッシブマスクを持つ1BOXミニバンは、全てエルグランドを始祖に復権・発展したモデルと言えます。

続きを読む