ハッチバック車情報 - ハッチバックの事故車買取のために

ライバルの追従を許さず一時代を築いた傑作スポーツワゴン、スバル レガシィツーリングワゴン

現在でこそ3列シートミニバンやSUVによってほぼ駆逐されてしまいましたが、1990年代の日本では空前のステーションブームが起きたこともありました。その火付け役はスバル レガシィで、それまで商用の『ライトバン』のイメージがあまりに強くて成功しなかった国産ステーションワゴンに、商用モデルを持たないスポーツワゴンという要素で深く切り込み、ライバルの追従を許さない大ヒットを記録したのでした。

レガシィツーリングワゴン 事故車買取はこちら

続きを読む

代表的な日本車を選ぶなら欠かせない1台!最強の商用1BOXバン、トヨタ ハイエースバン

現在日本でもっともたくさん見かける車であり、知名度抜群、多少古くとも高値で取引され、盗難率もNo.1。人気車種ではありますが大衆車ではなく、実用車でありながら抜群の耐久性と使い勝手でもって、無類の支持を誇り、『日本車代表』が選ばれるならば確実にその1台へ名前を連ねるであろう名車がハイエースバンです。「どれにするか困ったら、ハイエースにしておけばとりあえず何とかなる」といわれる車は、そうそうないと思います。

ハイエースバン 事故車買取はこちら

続きを読む

『N』から受け継ぎ、新たな『N』へとバトンを渡したホンダイズム軽自動車、ライフ

現在の『Nシリーズ』に集約される以前、スズキ ワゴンRに始まった流行の軽トールワゴンをホンダでも開発、かつての名車N360後継モデルの名をつけて大ヒットとなったのがライフでした。新ライフは4代にわたりホンダ軽自動車の屋台骨を背負うモデルとして販売が続けられますが、2014年に販売終了。後継車はN-WGNなどNシリーズとなり、Nを受け継いだライフは、復活後再びNへとそのバトンを受け継いだのです。

ライフ 事故車買取はこちら

続きを読む

3代目の大変化は車種統合の布石?トヨタの中型ミニバン3兄弟で一番大人しかった長男、歴代ノアとは

現在販売されているミニバンの中で一番勢いがあるのは日産 セレナと思われていますが、実態はさにあらず。例えば2017年3月の新車販売台数はセレナが15,080台で登録車(軽自動車以外)でも3位ですが、実質的なトップは3台合わせて24,220台を売っているトヨタのノア3兄弟(ノア / ヴォクシー / エスクァイア)。販売チャンネルの違いで車名たキャラクターがわずかに違うだけで実質同じこの3兄弟、その長男がカローラ店扱いのノアです。

ノア 事故車買取はこちら

続きを読む

一時は廃盤も後継車不振で逆転復活!今や大ヒットのコンパクトミニバン、トヨタ シエンタ

通常、ある車種に後継車が登場すると、その後継車の登場とともに、あるいは多少の併売期間を経て車名ごと廃盤になってしまいますが、ほんと時たま、あまりに後継車の販売台数が芳しくないため再生産されるケースがあります。さらにこのシエンタの場合『後継車のコンセプトが誤りだった』も同然で再生産、単なるつなぎではなく2代目もヒットして今や定番車種の仲間入りという、日本車では極めて希なケースです。

シエンタ 事故車買取はこちら

続きを読む

2代目が大ヒット、3代目はアグレッシブになってまだまだ販売中のご長寿ミニバン!トヨタの天才タマゴ、エスティマ

「商用1BOX車の豪華バージョン」的なものが多かった中、オデッセイなど乗用車ベースのスタイリッシュな車が登場してミニバン人気が加速していきますが、それ以前の1990年、初代モデルが発売されたエスティマがスタイリッシュなミニバン専用車として既に登場していました。発売当時は日本市場で大きすぎとされて日本向け5ナンバー仕様が登場した時期もありましたが、FF化した2代目以降は人気ミニバンとして定着していきます。

エスティマ 事故車買取はこちら

続きを読む

誰もが忘れていたコンセプトで大ヒット!軽クロスオーバーSUVの傑作、スズキ ハスラー

「気がついたら誰ももう作ってなかった」と思って古いコンセプトを引っ張り出してみたら、意外な大ヒット作になった!という例は自動車史でいくつかあり、有名な初代マツダ(ユーノス)・ロードスターなどもその1台です。そして身近なところではもう1台、ちょっとした会合での一言がきっかけで「そういえば今ないな?」と作ってみたら大ヒットになったのが、軽クロスオーバーSUVのスズキ ハスラーでした。

ハスラー 事故車買取はこちら

続きを読む

ホンダらしいスポーティミニバンとして大ヒットとなった初代から、ハイブリッドが好評の5代目まで!ホンダ オデッセイの魅力

現在でもミニバンはSUVとともに日本で大人気のカテゴリーですが、かつてはそれにステーションワゴンやクロカン4WD、ハイトワゴンまで加えて一緒くたに「RV(レクリエーショナル・ビークル)」と呼ばれていた時代がありました。その中からミニバンを不動の売れ筋カテゴリーに牽引させる、空前の爆発的ヒット作となった歴史的1台が初代ホンダ オデッセイです。その後もミニバンのベンチマークとして君臨し続け、現在は5代目が販売されています。

オデッセイ 事故車買取はこちら

続きを読む

BMWの手で新しい歴史を刻む、歴史的名車の21世紀版「ミニ」

大英帝国が生んだ不朽の名車、偉大なる”ミニ”。2000年まで40年以上にわたり作られた後、現在はひと回りもふた回りも大きくなった最新型が走っていますが、そのブランドを保有するドイツのBMWによって、事実上その中身はドイツ車となっています。しかし姿形は変われど偉大なる”ミニ”は名前以外にも多くの伝統を受け継ぎ、今日も販売され続けています。

BMWミニ 事故車買取はこちら

続きを読む

マツダ第2次経営危機を救った傑作コンパクトカー・デミオは、いかに現在のSKYACTIVプレミアムコンパクトへ成長したか?

かつてマツダを代表するコンパクトカーと言えばファミリアでしたが、アクセラと名を変えて大型化した現在ではデミオがその役割を果たしています。元々は存亡の危機に立たされたマツダが土壇場になって送り出した「起死回生の一撃」的なモデルでしたが、経営を立て直した今もボトムエンドを担う車としてマツダを支えています。

デミオ 事故車買取はこちら

続きを読む