SUV車情報 - SUVの事故車買取のために

BMWの手で新しい歴史を刻む、歴史的名車の21世紀版「ミニ」

大英帝国が生んだ不朽の名車、偉大なる”ミニ”。2000年まで40年以上にわたり作られた後、現在はひと回りもふた回りも大きくなった最新型が走っていますが、そのブランドを保有するドイツのBMWによって、事実上その中身はドイツ車となっています。しかし姿形は変われど偉大なる”ミニ”は名前以外にも多くの伝統を受け継ぎ、今日も販売され続けています。

BMWミニ 事故車買取はこちら

続きを読む

スタイリッシュでスポーティ!パワフル&超スムーズなクリーンディーゼルも魅力なマツダ CX-5

SUV(スポーツ・ユーティリティ・ヴィーグル)は乗用車ベースでオフロード車風の最低地上高の高さ、それによるある程度の悪路走破性と乗用車並の快適性が売りでしたが、2010年代に入ってからそこに”スポーティなスタイリッシュさ”が加わるようになりました。いわば新時代のスポーツカーである現在のSUV、SKYACTIVテクノロジーも引っさげ、国産車における旗手のひとつがマツダ CX-5です。

CX-5 事故車買取はこちら

続きを読む

3代目の販売実績も絶好調な、高級クロスオーバーSUVの元祖!トヨタ ハリアー

今でこそ高級車や超高級車、スーパーカーメーカーから当たり前のようにクロスオーバーSUVが続々と登場していますが、クロスオーバーSUVに高級感を持たせよう、あるいは高級車をクロスオーバーSUVしようというコンセプトを最初に実行したのは、トヨタでした。国際的な車名はレクサス RX、日本名トヨタ ハリアーという関係は2代目まで続き、その高い人気からRXとは別に3代目ハリアーが登場して今に至っています。

ハリアー 事故車買取はこちら

続きを読む

2代続いた究極のシティオフローダーから、3列仕様もある都会派SUVへの転身!日産 エクストレイル

最近になって、クロスオーバーSUVにも新たな付加価値、そして走りの良いミニバン後継として3列シートSUVの登場が脚光を浴びていますが、以前から3列シートをラインナップしていたのが日産 エクストレイル(3代目以降)です。初代と2代目はシティオフローダー的になっていた都会派SUVにアウトドアギアとしての魅力も再認識させた、画期的なモデルでもありました。

エクストレイル 事故車買取はこちら

続きを読む

代々長寿を誇る日本が誇る本格的軽オフローダー、スズキ ジムニー!モデルチェンジしても20年作れるか?!

本格的な悪路走破性を持つクロスカントリー4WD、日本車としてはランドクルーザーとともに双璧を無し、小さいながらも世界で通用して国際的な活躍の場を持つのがスズキ ジムニーです。軽自動車版と登録車版(白ナンバー)がありますが、ここでは主に日本国内用の軽自動車版ジムニーをご紹介します。

ジムニー 事故車買取はこちら

続きを読む