スズキの車情報 - カーマニアがどんな車も徹底解説!

スズキ ソリオ – 後席スライドドア化で大躍進したコンパクト・トールワゴン

かつて各社から発売されて活況を呈したコンパクト・トールワゴン。軽自動車ブームが始まるとスライドドアを持つ軽トールワゴンに押されていましたが、モデルチェンジした3代目で後席スライドドアを採用したら大ヒット!一転して売れ筋車種へと成長したのがスズキ ソリオです。

続きを読む

スズキ スペーシア – 軽自動車トップ奪回を目指すスズキ版軽スーパーハイトワゴン

軽自動車の売れ筋は1990年代から背の高い軽ハイトワゴン、2000年代以降はさらに背が高く後席スライドドアを持つ軽スーパーハイトワゴンがトップクラスであり、登録車まで含めた『日本でもっとも売れている車』となっています。そこで長いことダイハツ タントやホンダ N-BOXの後塵を拝してきたスズキが、かつての軽No.1メーカーの威信をかけて猛追している軽スーパーハイトワゴン、それがスズキ スペーシアです。

続きを読む

スズキ エブリイワゴン – 前後スペースに抜群の余裕あり!人気の軽1BOXワゴン

広いスペースの軽自動車と言えば最近は軽トールワゴン全盛ですが、昔から販売されている軽トラベースの軽1BOX車が持つ前後スペースの広さは今でも魅力。軽商用車市場の縮小で今では2車種(と、そのOEM5車種)のみの販売となりましたが、豪華内装の軽1BOXワゴンで圧倒的な販売トップを誇るのがスズキ エブリイワゴンです。

続きを読む

スズキ エブリイ – 軽1BOX車販売台数No.1!軽自動車界のハイエース

乗用商用問わず国産キャブオーバータイプ1BOX車の王様といえばトヨタ ハイエースなのは誰もが認めるところですが、軽自動車でハイエースに匹敵する存在といえばスズキ エブリィにほかならないでしょう。軽1BOX車の販売台数でブッチギリのNo.1なのもさることながら、両車の現行モデルはどことなく似ているような気もします。

続きを読む

スズキ アルト – 『アルト47万円』から始まり今でも安い!最後のボンネットバンもあると!

激安ボンネットバンとして一世を風靡した初代アルト発売から39年。当時のライバルは次々と姿を消し、最後に残ったダイハツ ミラさえも2018年3月で販売終了してしまいましたが、今でもアルトは昔ながらの激安ボンネットバンから豪華仕様まで取り揃えて健在です!

続きを読む

スズキ ハスラー – 誰もが忘れていたコンセプトで大ヒット!軽クロスオーバーSUVの傑作

「気がついたら誰ももう作ってなかった」と思って古いコンセプトを引っ張り出してみたら、意外な大ヒット作になった!という例は自動車史でいくつかあり、有名な初代マツダ(ユーノス)・ロードスターなどもその1台です。そして身近なところではもう1台、ちょっとした会合での一言がきっかけで「そういえば今ないな?」と作ってみたら大ヒットになったのが、軽クロスオーバーSUVのスズキ ハスラーでした。

続きを読む

スズキ アルトラパン – 国産車で史上初!車自体を女性向けとして開発

かつてダイハツ ミラと勢力を2分して軽自動車界の代表的な主力車種だったスズキ アルトですが、ワゴンRやムーヴのようなトールワゴンが軽自動車の新たなベーシックになると、ユーザー層の偏りが目立つようになってきました。そこで、若いユーザー層が乗っても似合う”女性向け軽自動車”を明確に指向して生まれたのがアルトラパンです。

続きを読む

スズキ ジムニー – 代々長寿を誇る日本が誇る本格的軽オフローダー!モデルチェンジしても20年作れるか?!

本格的な悪路走破性を持つクロスカントリー4WD、日本車としてはランドクルーザーとともに双璧を無し、小さいながらも世界で通用して国際的な活躍の場を持つのがスズキ ジムニーです。軽自動車版と登録車版(白ナンバー)がありますが、ここでは主に日本国内用の軽自動車版ジムニーをご紹介します。

続きを読む

スズキ ワゴンR – 軽自動車に革命を起こした初代から、スズキのベーシックモデルとなった現行6代目まで!

2018年1月現在、軽自動車の販売台数のほとんどを占める、ハイトワゴン系はトールワゴン系と呼ばれる車高の高い軽自動車群。その最初の1台では無かったものの、最初の大ヒット作として爆発的人気を誇り、軽自動車の歴史を変えたエポックメイキング的な車が、スズキ ワゴンRです。現在ではライバル増加でトップモデルとは言えないものの、依然として歴代モデルはスズキの主力車種、軽自動車全体でもベンチマークとして君臨しています。

続きを読む