トヨタの車情報 - トヨタの事故車買取のために

代表的な日本車を選ぶなら欠かせない1台!最強の商用1BOXバン、トヨタ ハイエースバン

現在日本でもっともたくさん見かける車であり、知名度抜群、多少古くとも高値で取引され、盗難率もNo.1。人気車種ではありますが大衆車ではなく、実用車でありながら抜群の耐久性と使い勝手でもって、無類の支持を誇り、『日本車代表』が選ばれるならば確実にその1台へ名前を連ねるであろう名車がハイエースバンです。「どれにするか困ったら、ハイエースにしておけばとりあえず何とかなる」といわれる車は、そうそうないと思います。

ハイエースバン 事故車買取はこちら

続きを読む

現行1代限りになるのが濃厚!ハイブリッドミニバン / ステーションワゴン、トヨタ プリウスα

世界初の実用量販ハイブリッドカーとして自動車に革命をもたらしたトヨタ プリウス。初代は4ドアセダン、2代目は5ドアハッチバック車として作られましたが、3代目の派生車種としてついにステーションワゴン版のプリウスα(アルファ)が発売されたのは、2011年5月でした。ステーションワゴンで初のハイブリッド車であると同時にトヨタでは数少なくなった3ナンバーサイズのステーションワゴンでもあり、また日本では3列シート7人乗りのミニバン仕様も販売されています。

プリウスα 事故車買取はこちら

続きを読む

3代目の大変化は車種統合の布石?トヨタの中型ミニバン3兄弟で一番大人しかった長男、歴代ノアとは

現在販売されているミニバンの中で一番勢いがあるのは日産 セレナと思われていますが、実態はさにあらず。例えば2017年3月の新車販売台数はセレナが15,080台で登録車(軽自動車以外)でも3位ですが、実質的なトップは3台合わせて24,220台を売っているトヨタのノア3兄弟(ノア / ヴォクシー / エスクァイア)。販売チャンネルの違いで車名たキャラクターがわずかに違うだけで実質同じこの3兄弟、その長男がカローラ店扱いのノアです。

ノア 事故車買取はこちら

続きを読む

一時は廃盤も後継車不振で逆転復活!今や大ヒットのコンパクトミニバン、トヨタ シエンタ

通常、ある車種に後継車が登場すると、その後継車の登場とともに、あるいは多少の併売期間を経て車名ごと廃盤になってしまいますが、ほんと時たま、あまりに後継車の販売台数が芳しくないため再生産されるケースがあります。さらにこのシエンタの場合『後継車のコンセプトが誤りだった』も同然で再生産、単なるつなぎではなく2代目もヒットして今や定番車種の仲間入りという、日本車では極めて希なケースです。

シエンタ 事故車買取はこちら

続きを読む

2代目が大ヒット、3代目はアグレッシブになってまだまだ販売中のご長寿ミニバン!トヨタの天才タマゴ、エスティマ

「商用1BOX車の豪華バージョン」的なものが多かった中、オデッセイなど乗用車ベースのスタイリッシュな車が登場してミニバン人気が加速していきますが、それ以前の1990年、初代モデルが発売されたエスティマがスタイリッシュなミニバン専用車として既に登場していました。発売当時は日本市場で大きすぎとされて日本向け5ナンバー仕様が登場した時期もありましたが、FF化した2代目以降は人気ミニバンとして定着していきます。

エスティマ 事故車買取はこちら

続きを読む

3代目の販売実績も絶好調な、高級クロスオーバーSUVの元祖!トヨタ ハリアー

今でこそ高級車や超高級車、スーパーカーメーカーから当たり前のようにクロスオーバーSUVが続々と登場していますが、クロスオーバーSUVに高級感を持たせよう、あるいは高級車をクロスオーバーSUVしようというコンセプトを最初に実行したのは、トヨタでした。国際的な車名はレクサス RX、日本名トヨタ ハリアーという関係は2代目まで続き、その高い人気からRXとは別に3代目ハリアーが登場して今に至っています。

ハリアー 事故車買取はこちら

続きを読む

アルファードのアグレッシブな純正カスタム版、しかし今やこちらが主流かも?歴代トヨタ ヴェルファイア

現在の1BOXタイプミニバンは大小メーカーの差こそあれメッキを多用した大型フロントグリルなど、押し出し感の強い純正カスタム風デザインが人気で、もうそれ一色となりつつあります。その中でも一番人気を誇り、純正カスタムミニバンの旗艦と言えるのがトヨタ ヴェルファイア。兄弟車のアルファードもデザインコンセプトは近づいてきましたが、ヴェルファイアの方がより若々しくアグレッシブです。

ヴェルファイア 事故車買取はこちら

続きを読む

エルグランドから高級大型ミニバン市場を奪取!今や敵無しの歴代トヨタ アルファード

大型1BOXミニバンでは、兄弟車のヴェルファイアともども圧倒的なシェアを誇る、トヨタ アルファード。それ以前からトヨタは同ジャンルミニバンを発売してきましたが、日産 エルグランドの前になかなかシェアを奪えずにいました。しかし、エルグランドの外装が持つアグレッシブ路線を追従して人気を獲得してからは、トヨタの販売力で押し切ってきた感があります。アグレッシブな外観と大人向けの内装を持つ大型1BOXミニバン、アルファードとは。

アルファード 事故車買取はこちら

続きを読む

コンパクト・ハイブリッドの超ベストセラー!トヨタ アクアはいつまで売れる?!

ハイブリッドカーと言えば昔は特別な存在でしたが、特にトヨタの2モーター式ハイブリッドシステム「THS」のようにモーター単体でもある程度走れるものは、まだまだ希少という時代がありました。その殻を破ったコンパクトハイブリッドカー、アクアはデビューから7年以上を経てまだまだ販売上位を誇る、長寿モデルとなっています。

アクア 事故車買取はこちら

続きを読む

トヨタの主力ミニバン、ノア3兄弟の中でもたくましいイメージを強調してきた歴代ヴォクシー

それぞれの販売台数では日産 セレナに及ばないものの、3車種全て合わせればミニバンでは圧倒的なシェアを持つトヨタの中型1BOXタイプミニバン、ノア3兄弟(ノア、ヴォクシー、エスクァイア)。その中で、ルーツをたどればもっとも古い歴史を持つものの、3兄弟の中でももっとも若者向けのアグレッシブなキャラクターを与えられたのが、ヴォクシーです。

ヴォクシー 事故車買取はこちら

続きを読む