【長崎】事故車買取の業者まとめ

サービス名 特徴

カーネクスト

参加業者数:カーネクスト1社のみ(廃車・事故車買取専門)

カーネクストは事故車・故障車・不動車・水没車・廃車などの買い取りに特化したサイトです。どんな車も買い取れる0円以上買取り保証、面倒な手続き書類の代行が全て無料、動かない車も全国対応でレッカー引き取り完全無料です。

ズバット

参加業者数:200社以上
最大見積もり数:10社

大手を含む 200社以上の車買取業者から、厳選10社に一括で査定依頼ができるので手軽なオークション感覚で一番高い買取業者が選べます。出てきた査定価格を徹底比較して、愛車の最高価格が分かります。

カーセンサー

参加業者数:530社以上
最大見積もり数:30社

カーセンサーは、査定業者の参加数が業界最大級。見積もりが最大30件も取れます。地域に根ざした有名中小企業も多数参加しているので、地方の方もたくさんの査定の中から比較して選ぶことができます

長崎県 事故車買取OK店舗

店名 住所 定休日
アラジン 諫早市鷲崎町241-2
買取王 西彼杵郡時津町日並郷3646
買取ガォー 佐世保市田ノ浦町3-3 火曜日

長崎県 概要

五島列島、壱岐島、対馬など、数多くの島嶼を含み、47都道府県中最も島が多いことで知られる。また、多島であるうえにリアス式海岸を多く擁することから、海岸線の長さは47都道府県中第2位もしくは第1位である。

「長崎」という地名の由来は次のように長崎氏よりといわれている。長崎氏は桓武平氏千葉流(九州千葉氏)の流れを汲む氏族であり、長崎県の名の由来になったことで知られる。現在の長崎県庁舎付近の長い御崎に館を構え、長崎港界隈の深堀から時津までの広い範囲を領していた九州千葉氏の一族が九州長崎氏を名乗ったことを起源とする説と、代々伊豆国田方郡長崎村を領し、その地名を苗字として、鎌倉の執権である北條氏の筆頭御内人である桓武平氏長崎氏の一人が九州に流れ(九州長崎氏)、長崎湾の奥を領して地侍になったと長崎甚左衛門純景がその系図で主張している説がある。少なくとも長崎小太郎重綱なる人物が、鎌倉初期の嘉禎3年(1237年)ごろには、長埼浦の地頭職を知行する御家人であったことが判明しており、南北朝期以降、長崎氏は桜馬場城(鶴城)に拠り、次第に勢力を拡大していった。 また、その他にも俗説として「訛り」に基づく言い伝えがある。地元では野母崎半島を「長い岬」と称していたが、長崎弁では「長か岬(ながか・みさき)」となり、さらにこれが「なんか・みさき」と転訛し、この語が約まって「長崎」になった、というものである。

wikiより

長崎県 地域一覧

■あ
壱岐市 諫早市 雲仙市 大村市

■か
北松浦郡江迎町 北松浦郡小値賀町 北松浦郡佐々町  北松浦郡鹿町町 五島市

■さ
西海市 佐世保市 島原市

■た
対馬市

■な
長崎市 西彼杵郡時津町  西彼杵郡長与町

■は
東彼杵郡川棚町 東彼杵郡波佐見町 東彼杵郡東彼杵町 平戸市

■ま
松浦市南島原市 南松浦郡新上五島町

事故車の買取は全国対応です

北海道 北海道
東北 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島
甲信越 山梨 | 長野 | 新潟
関東 茨城 | 栃木 | 群馬 | 埼玉 | 千葉 | 東京 | 神奈川
北陸 富山 | 石川 | 福井
東海 岐阜 | 静岡 | 愛知 | 三重
関西 滋賀 | 京都 | 大阪 | 兵庫 | 奈良 | 和歌山
中国 鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口
四国 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知
九州 福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島
沖縄 沖縄