【沖縄】事故車買取の業者まとめ

サービス名 特徴

タウ

参加業者数:タウ1社のみ(事故車買取専門)

ボコボコの事故車だけを専門に買取る業者です。毎日約130台、年間5万台以上の買取実績があります。事故車売却シミュレーターで大体の売却額が分かります。ローンが残っていても、タウのローン組替サービスで補えます。酷い事故車ほど買取歓迎、全国出張査定。

ズバット

参加業者数:200社以上
最大見積もり数:10社

大手を含む 200社以上の車買取業者から、厳選10社に一括で査定依頼ができるので手軽なオークション感覚で一番高い買取業者が選べます。出てきた査定価格を徹底比較して、愛車の最高価格が分かります。

カーセンサー

参加業者数:530社以上
最大見積もり数:30社

カーセンサーは、査定業者の参加数が業界最大級。見積もりが最大30件も取れます。地域に根ざした有名中小企業も多数参加しているので、地方の方もたくさんの査定の中から比較して選ぶことができます

沖縄県 事故車買取OK店舗

店名 住所 定休日
クリーンカー琉球 浦添市仲西3-12-1 水曜日

沖縄県 概要

鹿児島県の薩南諸島を除く南西諸島の島々(沖縄諸島・先島諸島・大東諸島)から構成されており、東シナ海と太平洋に挟まれている。面積は2,281㎢と香川県・大阪府・東京都に次いで小さく、また人の居住する日本最南端の地域を含む県でもある。

県民の約9割が沖縄本島に集中しており、行政上は沖縄本島とそれ以外の離島とに分けられる場合がある。

ほぼ全域が亜熱帯気候であり、一部は熱帯に属する。年間を通して温暖な気候であり、最高気温と最低気温の差も小さく標高の高い山も存在しないため氷点下になることもない。

海上輸送路(シーレーン)および軍事的要地(第一列島線)として重要な場所に位置し、多数の在日米軍基地が存在する。主な米軍施設として、嘉手納飛行場・普天間飛行場・キャンプ・バトラー等が存在する。

与那国島は日本最西端の領土であり、八重山郡与那国町は日本の最西端の地方自治体でもある。また正確な日本の東西南北の最端部の中で唯一自由に訪れることができる場所である。

尖閣諸島は同県石垣市に属しており日本が実効支配している日本固有の領土だが、中華人民共和国および中華民国(台湾)は尖閣諸島(あるいは沖縄県全土)の領有権を主張している。(参照1、参照2、および「尖閣諸島問題」、「中国人による沖縄県への認識」を参照)。

同地にはかつて三山を統一した尚巴志により建国された琉球王国が存在し、明国や清国に朝貢し冊封を受けていた(第一尚氏王朝)。1469年、首里城でクーデターが起き、家臣の金丸(後に尚円王と号す)が王位を簒奪する(第二尚氏王朝)。1609年(慶長14年)に薩摩藩の侵攻を受け尚寧王は降伏し、当時王国の領土であった奄美群島は薩摩藩に割譲、王府は薩摩藩の影響下におかれた(琉球侵攻)。以来、琉球王国は日本の薩摩藩と清国に『両属』する曖昧な国際的地位となっていたが、鎖国体制下の両国の中継貿易地としての役割を担い、交易を通じて独自の地位と文化を保っていた。

近代に入り日本本土で明治維新がおこり開国したことを受け清国との間に外交関係が樹立されると中央集権国家の確立を急ぐ明治政府の命により琉球王国は琉球藩に、後に廃藩置県で沖縄県となり、尚泰王は強制廃位させられ約450年間続いた琉球王国は名実共に消滅した(琉球処分)。清国は日本側の一方的な処分に抗議するなど帰属問題は尾を引いていたが、後に日清戦争で日本が勝利したことにより沖縄の領有権が最終的に確定した。琉球王国時代の城跡遺跡は『琉球王国のグスク及び関連遺産群』としてユネスコの世界遺産に登録されている。

1945年(昭和20年)、第二次世界大戦では『唯一の地上戦』と呼ばれる沖縄戦の戦場となった。米軍は4月1日に沖縄本島の読谷村の海岸に上陸し、瞬く間に北半分を制圧、米軍の総攻撃を受け日本軍は南部に追い込まれ、総司令部が置かれていた首里城も焼け落ち、6月23日に沖縄守備軍最高指揮官の牛島満中将らが摩文仁で自決したことで組織的戦闘は終結した。約3カ月に及ぶ激戦により県民の4人に1人が犠牲になり土地も荒廃した。現在、摩文仁は沖縄戦跡国定公園に指定されており、6月23日は慰霊の日として沖縄県の休日となっている。

戦後、南西諸島は米軍の占領下におかれ、沖縄県は一旦消滅した(アメリカ合衆国による沖縄統治)。米軍主導のもと新たに『琉球政府』が誕生、基地建設のため集落や農地を大規模に接収し、右側通行の道路を整備し、通貨としてB円、後に米ドルを使用させ、日本本土への渡航にパスポートが必要になるなど、米国流のやり方で戦後復興が進められていった。1952年(昭和27年)に本土が主権回復した後も引き続き沖縄は米軍の統治下におかれた。1950年代以降になると朝鮮戦争やベトナム戦争が勃発し、沖縄は米軍の前線補給基地として重要度を増し、数多くの米軍人が駐留、B-52等の戦略爆撃機や枯葉剤や核兵器といった大量破壊兵器も多数配備され、ベトナムからは『悪魔の島』と恐れられた。経済は基地に大きく依存していた一方で、当時ドル高円安の固定相場制の影響もあり物価は安く生活は安定しており、人口は終戦直後の約50万人から本土に復帰する直前にはほぼ倍になるまで増加した。しかし米軍による強権的・差別的な施政に島民は強い反感を抱き、本土への復帰を求める大規模な反基地運動が各地で展開されていった(島ぐるみ闘争)。1971年(昭和46年)に佐藤栄作首相とリチャード・ニクソン大統領との間で沖縄返還協定が締結され、翌1972年(昭和47年)に沖縄は日本に返還され沖縄県が復活した。(沖縄返還)。米軍統治時代から続く基地問題や不発弾の問題、日米地位協定の問題は当県の主要な政治課題となっている(「普天間基地移設問題」を参照)。

歴史的経緯・文化・風習・習慣・人名・方言・経済・制度的にも本土のそれとは大きく異なり、俗に県外のことを「内地(ナイチ)」、県民以外の人を「内地人(ナイチャー)」と呼び分ける場合がある。

日本屈指のリゾート地であり、歴史文化・沖縄料理・レジャー・マリンスポーツ・戦争遺跡などを強みに観光分野に特に力を入れており、観光業を含む第三次産業が79.2%を占めている一方で第一次産業は5.4%、第二次産業は15.4%と非常に低い。

また格闘技界においては空手の発祥の地として世界的に有名であり、多数の外国人門下生が県内の道場に入門し稽古している。

wikiより

沖縄県 地域一覧

■あ
石垣市 糸満市 浦添市 うるま市 沖縄市
■か
宜野湾市 国頭郡伊江村 国頭郡大宜味村 国頭郡恩納村 国頭郡金武町 国頭郡宜野座村 国頭郡国頭村 国頭郡今帰仁村 国頭郡東村 国頭郡本部町
■さ
島尻郡粟国村 島尻郡伊是名村 島尻郡伊平屋村 島尻郡北大東村 島尻郡久米島町 島尻郡座間味村 島尻郡渡嘉敷村 島尻郡渡名喜村 島尻郡南風原町 島尻郡南大東村 島尻郡八重瀬町 島尻郡与那原町
■た
豊見城市
■な
中頭郡嘉手納町 中頭郡北中城村 中頭郡北谷町 中頭郡中城村 中頭郡西原町 中頭郡読谷村 名護市 那覇市 南城
■ま
宮古郡多良間村 宮古島市
■や
八重山郡竹富町 八重山郡与那国町

事故車の買取は全国対応です

北海道 北海道
東北 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島
甲信越 山梨 | 長野 | 新潟
関東 茨城 | 栃木 | 群馬 | 埼玉 | 千葉 | 東京 | 神奈川
北陸 富山 | 石川 | 福井
東海 岐阜 | 静岡 | 愛知 | 三重
関西 滋賀 | 京都 | 大阪 | 兵庫 | 奈良 | 和歌山
中国 鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口
四国 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知
九州 福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島
沖縄 沖縄