1993年に登場したスズキ ワゴンRで軽自動車の売れ筋は一気に天井の高いトールワゴン系へと移っていき、その代名詞的存在としてその後10年ほど、そのジャンルでワゴンRが販売台数No.1を誇ります。ライバル各社もその牙城を崩すべく対抗車種を繰り出しますが、ついにそれを達成したのは、さらに天井を上げてショートノーズ&ロングキャビン化、スペース効率を徹底的に追求したハイトールワゴン、ダイハツ タントでした。以後、軽自動車販売No.1の座はタントを基準にした各ライバル車が、し烈な争いを繰り広げることになります。

タント 事故車買取はこちら

続きを読む