脇見運転、信号無視対策

横断歩道のある箇所に踏切のようなシャッターを付ける。車道の信号が黄色になったら、シャッターが閉まり始めて赤になると完全に閉まる。青でシャッターは開く。自動車に信号の色を識別する機能をつける。その機能で車道の信号の色を確認し、赤なら自動で止まるようにする。スマホを見ながらの運転が危ないため、自動車のフロントガラスにうっすらとスマホの画面を映し、ハンドルで操作し、実際にスマホを操作しているような状態にし、スマホは遠隔操作されている。

続きを読む